このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
Zulu Love Letter / 仮題:ズルー、ラブレター

Zulu Love Letter / 仮題:ズルー、ラブレター

A 長編映画 by Ramadan Suleman

Produced by JBA Production

Release in France : 19/04/2006

  • Contents

俳優 (4)

映画製作・配給会社 (3)

製作代表 :

JBA Production

Foreign production companies :

Natives at Large, Hollybell

共同製作 :

FMB2 Films

興行成績:総合

興行成績:タイムライン

International releases

映画配給会社バイヤー劇場公開日

Show more

Show less

Sorry, your search returned no results.

あらすじ

最初の民主主義選挙から2年後の幸福感あふれるヨハネスブルグで、若い黒人記者タンデカは彼女の国の過去の強迫観念の中で生きていた。仕事があればあるほど彼女の娘で耳が不自由で口の聞けない13歳のマンジとの関係に挫折を感じていた。
年老いた女性、ムタウが新聞に紹介される日までは。それより10年前、タンデカは秘密警察の部隊によって殺された彼女の娘ディネオの事件を証言していた。ムタウはタンデカがディネオの殺人犯を見つけ出し、そしてその殺人犯の体を伝統に従って埋葬するように頼んでいた。
この2人の女性が沈黙する間も殺人犯達は彼女達の周りをうろついていた。ムタウは知る由もないが、タンデカはすでにアパルトヘイトの白人機関に思い切って立ち向かってこの事件の代償を払っていた。
マンジは、戦いを放棄しないように彼女の母に対する強い意思表示として、ズールー語で孤独、挫折、希望、そして愛の4つのイメージが刺繍された秘密のラブレターを準備する。

Photos (4)

クレジットタイトル詳細 (9)

製作代表 :

Jacques Bidou, Marianne Dumoulin

フォトディレクター :

Manuel Teran

Production manager :

Carine Stander

編集担当 :

Jacques Comets

サウンド・ミキサー :

Jean-Pierre Laforce

Screenwriters :

Ramadan Suleman, Bhekizizwe Peterson

Sound recordists :

Gita Cerveira, Jean Mallet, Jean-Pierre Laforce

報道担当(映画) :

Laurence Granec

作曲家 :

Zim Ngqawana

技術面詳細

長編映画

ジャンル :

フィクション

サブジャンル :

心理ドラマ

言語 :

英語, 手話

出身 :

フランス, 南アフリカ, ドイツ

Original French-language productions :

不明

製作国 :

ごく一部フランス (フランス, 南アフリカ, ドイツ)

製作年 :

2004

フランス公開 :

19/04/2006

上映時間 :

1 時間 45 分

経過状況 :

公開済み

ニュメロ·デ Visa :

107.236

ビザ発行日 :

09/09/2005

CNC助成 :

はい

生産のフォーマット :

35ミリ

カラータイプ :

カラー

画面セット :

1.85

Audio format :

ドルビーDTS