このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
Mariage mixte / 仮題:異宗結婚

Mariage mixte / 仮題:異宗結婚

A 長編映画 by Alexandre Arcady

Produced by Alexandre Films

Release in France : 26/05/2004

    あらすじ

    大好きな娘に何がなんでも結婚すると言われた父親の頭の中は?
    つまり微笑ましいことに、父親が必ず遭遇するショックと悲痛で頭が一杯。
    しかし‘異宗結婚’にはそれ以上の何かがある。マックス・ザギュリと言えば?カジノチェーンを展開するあのザギュリ! フランス、ヨーロッパでは既に最重要、ひょっとしたら将来的には他の大陸でも最有力となるカジノチェーン。
    というわけでマックスは金持ち、すごいリッチ、とにかく裕福、そして彼としては忘れてもらいたいのだが、手荒なビジネス世界に属してもいる。
    まだまだ若いとはいえ、彼は真の地中海人たるあらゆる長所も短所も受け継いでいる。いつでも自分が正しいと思い込んでいたり、他人の人生、特に娘のリザの人生を仕切りたがったり。
    娘のために彼は嫁ぐべく将来の夫、若く将来が期待される整形外科医、シドニー・アゼラに睨みを利かせ、自分の思うように仕立て上げたのだった。
    万事思い通り、ただ一つ考慮に入れていなかったことは…。考古学者の若いリザはモロッコの砂漠の奥地にある発掘現場で一目ぼれ。その相手はジャンクリストフ・デュプルー、すぐに言っておくが、こんなことはマックスの気に入るわけがない!
    ザギュリ家では伝統が大切、ものすごく大切。
    デュプルーとの結婚はなし、話は終わり!異宗結婚なんていうものはうちには関係ない!リザの意見は反対で、彼女は父親と対立しようとも愛を守り抜き、ジャンクリストフを父親が認めるまでとことんまでやりぬこうと決意する。
    幸いにも、次々起こるハプニングや言い争いを経て、落ち込んだりもしながら、マックスはついに降参する。彼は既存の価値観や偏見を一掃してこの結婚を認めることになる。それには十字軍まで遡る義理の家族を受け入れ、さらには家族に属さないものには極度に不寛容な母親の圧力に立ち向かわなくてはならない。
    義理の家族が南仏に所有する城で、壮大かつ桁外れな結婚式が行われる。式の途中、マックスは親友を殺した容疑者として危うく投獄されそうになる。彼はその死に責任はなかったが、理想的な犯人と取られたらしい。
    作品は最後にカミングアウトをベースとして、ゲイ風やオリエンタルダンスを交えた熱狂的な推理物の展開となる。そんじょそこらの娘ではなく、マックス・ザギュリの娘を嫁がせる物語。

    俳優 (29)

    映画製作・配給会社 (4)

    製作代表 :

    Alexandre Films

    Film exports/foreign sales :

    MGI International

    Co-productions :

    France 3 Cinéma, Idéa Productions

    フランス国内配給 :

    Quinta Communications

    興行成績:総合

    興行成績:タイムライン

    International releases

    映画配給会社バイヤー劇場公開日

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    Photos (5)

    クレジットタイトル詳細 (17)

    Second unit director :

    Alexandre Aja

    監督補佐 :

    Pascal Meynier

    Screenwriters :

    Alexandre Arcady, Pierre Aknine, Daniel Saint-Hamont

    録音技師 :

    Carlos Alberto Lopes

    報道担当(映画) :

    Sophie Bataille

    音声編集担当 :

    Emmanuel Augeard

    装飾 :

    Tony Egry

    キャスティング :

    Stéphane Foenkinos

    サウンド・ミキサー :

    Didier Lozahic

    製作代表 :

    Alexandre Arcady

    Dialogue Writers :

    Daniel Saint-Hamont, Pierre Aknine, Alexandre Arcady

    フォトディレクター :

    Maxime Alexandre

    製作部長 :

    Gerardo Fernandes

    編集担当 :

    Baxter

    スクリプト :

    Fatima Ribeiro

    作曲家 :

    Khalil Chahine

    Costume designers :

    Annie Périer, Fanny Jakubowicz

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    コメディー

    テーマ :

    家族, 宗教

    言語 :

    フランス語

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    100%フランス

    製作年 :

    2003

    フランス公開 :

    26/05/2004

    上映時間 :

    1 時間 44 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    102.332

    ビザ発行日 :

    12/05/2004

    CNC助成 :

    はい

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー

    Posters (1)

    監督

    映画祭でのセレクション

    Cannes Film Market - 2004

    Cannes Film Market (フランス, 2004)

    Selection

    Selection