このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
S-21: La machine de mort Khmer rouge / 仮題:S-21:クメールルージュの殺戮マシン

S-21: La machine de mort Khmer rouge / 仮題:S-21:クメールルージュの殺戮マシン

A 長編映画 by Rithy Panh

Release in France : 11/02/2004

  • Contents

映画製作・配給会社

フランス国内配給 :

Ad Vitam

興行成績:総合

興行成績:タイムライン

International releases (2)

映画配給会社バイヤー劇場公開日

Show more

Show less

Sorry, your search returned no results.

あらすじ

カンボジア、クメール・ルージュ政権下で、S21は主要な‘治安局’であった。プノンペン中心部に位置するこの拘置所内では、1975年から79年の間に約1万7千人の囚人が拷問を受け、尋問され、さらには処刑された。そのうち3人のみが今日生存している。"S21 La machine de mort Khmere Rouge" は民主カンプチアの共産党(中央委員会)がいかに徹底的な殺害政策を組織し、展開させたのかを理解しようと試みる作品。リティ・パンと彼のスタッフは生存者、そしてかつての加虐者に関して、約3年間という長期にわたる調査を進めてきた。一人一人を説得して、かつてS21があった場所、現在は虐殺博物館となっている地に彼らを呼び戻し、彼らの証言を対決させる。

Photos (5)

クレジットタイトル詳細 (7)

Directors of Photography :

Rithy Panh, Prum Mésar

Production managers :

Liane Willemont, Aline Sasson

Editors :

Marie-Christine Rougerie, Isabelle Roudy

Sound mixer :

Myriam René

録音技師 :

Sear Vissal

報道担当(映画) :

Laurence Granec, Karine Ménard

作曲家 :

Marc Marder

技術面詳細

長編映画

ジャンル :

ドキュメンタリー

出身 :

カンボジア, フランス

Original French-language productions :

不明

製作国 :

大部分フランス (カンボジア, フランス)

製作年 :

2002

フランス公開 :

11/02/2004

上映時間 :

1 時間 41 分

経過状況 :

公開済み

ニュメロ·デ Visa :

106.968

ビザ発行日 :

08/10/2003

CNC助成 :

はい

生産のフォーマット :

35ミリ

カラータイプ :

カラー

画面セット :

1.33

Audio format :

ドルビーDTS

Posters (1)

監督

ニュース

映画祭でのセレクション (8)

ゴートバーグ 国際映画祭 - 2004

ゴートバーグ 国際映画祭 (スウェーデン, 2004)

Selection

長編映画部門

トリノ 国際映画祭 - 2003

トリノ 国際映画祭 (イタリア, 2003)

Selection

公式セレクション 特別招待部門