このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
Meme Dieu est venu nous voir / 仮題 神でさえ我々に会いに来た

Meme Dieu est venu nous voir / 仮題 神でさえ我々に会いに来た

A 長編映画 by Peter Popzlatev

Release in France : 22/10/2003

  • Contents

俳優 (6)

映画製作・配給会社 (3)

共同製作 :

Mact Productions

フランス国内配給 :

Swift

海外製作作品 :

Post Scriptum 2

興行成績:総合

興行成績:タイムライン

International releases

映画配給会社バイヤー劇場公開日

Show more

Show less

Sorry, your search returned no results.

あらすじ

物語の舞台はギリシャとブルガリアの国境地帯にあるロドップ地方の小村、ケステン。村は空っぽでおよそ20名の村人がほそぼそと暮らしている。
学校には子供がいない。村長のウラジミルは同時に学校の校長もしており、郵便局長でもある。妻のマリアとの関係はこのさまざまな役職の下に繰り広げられる。村長としての彼は疑い深い夫。校長としての彼はマリアを悪くあしらい、監視する嫉妬深い恋人。郵便局長の彼はもじもじと不器用にマリアに言い寄る。
だんだんと頭がおかしくなる夫を心配したマリアは、村の老婆の一人に相談に行くことにした。老婆はマリアに夫を治すための植物で作った飲み薬を処方する。
彼らの周りには、出版されていない詩を空き瓶に貯めておくブルガリア人の作家、いたずらっぽく抜け目のない、器用な密輸人、バルカン半島の民族紛争を研究しに来たフランス人の社会学者、彼は最後には物事の成り行きををバルカン的な視線で見守るようになる。

クレジットタイトル詳細 (5)

シナリオライター :

Stanislav Stratiev

報道担当(映画) :

Jean-Jacques Vannier

技術面詳細

長編映画

ジャンル :

フィクション

出身 :

ブルガリア, フランス

Original French-language productions :

不明

製作国 :

ごく一部フランス (ブルガリア, フランス)

製作年 :

2003

フランス公開 :

22/10/2003

上映時間 :

2 時間

経過状況 :

公開済み

ニュメロ·デ Visa :

92.171

ビザ発行日 :

05/08/2003

CNC助成 :

はい

カラータイプ :

カラー

画面セット :

1.85

Audio format :

ドルビーSR