このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
恐喝

恐喝

A 長編映画 by Jean Valere

Produced by Les FIlms Arthur Lesser, Le Film d'Art (Henri Diamant-Berger), Les Films Longchamp, Electra Films

Release in France : 24/06/1964

    あらすじ

    サッ カー選手フランク(ハーディ・クリューガー)は交通事故で相手を即死させ、競技出場を停止された。その上彼は、医者に無断で試合に出て膝を傷つけ、選手と して使いものにならなくなった。その頃、彼のところへ保険会社のドルーアンが来て、交通事故は、即死したグランバルの妻クレマンス(エマニュエル・リ ヴァ)と彼女の恋人アルラン(フランシスコ・ラバル)の保険金目あての事故だとほのめかした。そして彼は二人をゆすろうというのだった。しかし数日後、ド ルーアンは何者かに殺された。犯人を目撃したフランクはクレマンスを尾行した。そして犯人は彼女の恋人アルランだった。フランクは単独で二人を脅迫した。 クレマンスはフランクの要求をいれ、一億フランを三回に分けて支払うといい、第一回目は無事にすんだ。二回目、金は持って来たが二人の素振りがあやしいの でフランクはクレマンスを人質として、ホテルを買うため出発した。いつしかフランクはクレマンスに心惹かれていた。三回目、フランクは罠に落ち、監禁され てしまった。クレマンスのフランクへの恋は芝居だったのだ。隙をみてフランクはアルランに跳びかかった。二人は格闘となり、クレマンスの射ったピストルは 誤ってアルランを殺してしまった。翌日、残金を持ってきたクレマンスは、フランクの犯行のすべてを書いた供述書を弁護士に託し、自分が死んだ時、その手紙 は開封されると語った。そして走ってきたトラックに身を投げた。

    Source : movie.walkerplus.com

    俳優 (7)

    映画製作・配給会社 (3)

    クレジットタイトル詳細 (10)

    製作代表 :

    Henri Diamant-Berger

    原作者 :

    Charles Williams

    Co-producers :

    Arthur Lesser, Jean Valere

    製作部長 :

    Roger Debelmas

    装飾 :

    Olivier Girard

    Adapters/dialogue writers :

    Jean-Charles Tacchella, Paul Gegauff, Jean Valere

    海外プロデューサー :

    Marcello Danon

    フォトディレクター :

    Nicolas Hayer

    Editor :

    Denise de Casabianca

    作曲家 :

    Georges Delerue

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    推理

    言語 :

    フランス語

    出身 :

    イタリア, フランス

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    大部分フランス (イタリア, フランス)

    製作年 :

    1964

    フランス公開 :

    24/06/1964

    上映時間 :

    1 時間 39 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    28005

    ビザ発行日 :

    10/03/1964

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    白黒

    画面セット :

    1.66

    Audio format :

    モノラル