このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
Le Serviteur de Kali

Le Serviteur de Kali

A 長編映画 by Adoor Gopalakrishnan

Release in France : 05/11/2003

    あらすじ

    The kingdom of Travancore once had a professional executioner. Traditionally, the prince would grace the oldest member of a family with this task. The executioner had to live outside the village and have no relationship whatsoever with the accused. In exchange for the constraints of his job, the executioner benefited from various privileges: he received a plot of land, an annual pension and financial compensation after each execution.
    Nevertheless, nothing could take away the feelings of guilt that haunted him and ruined his life.

    俳優 (2)

    映画製作・配給会社 (2)

    共同製作 :

    Artcam International

    フランス国内配給 :

    Les Films du Paradoxe

    Photos (7)

    クレジットタイトル詳細 (5)

    シナリオライター :

    Adoor Gopalakrishnan

    録音技師 :

    Dominique Vieillard

    装飾 :

    Rateesh Babu

    Directors of Photography :

    Ravi Varma, Sunny Joseph

    報道担当(映画) :

    Cédric Landemaine

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    ドラマ

    出身 :

    インド, フランス

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    ごく一部フランス (インド, フランス)

    製作年 :

    2002

    フランス公開 :

    05/11/2003

    上映時間 :

    1 時間 32 分

    経過状況 :

    公開済み

    CNC助成 :

    不明

    カラータイプ :

    カラー

    画面セット :

    スコープ

    Audio format :

    モノラル