このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
南へ向かう女たち

南へ向かう女たち

A 長編映画 by Laurent Cantet

Produced by Haut et Court

Release in France : 25/01/2006

  • Contents

俳優 (6)

映画製作・配給会社 (5)

製作代表 :

Haut et Court

海外製作作品 :

Les Films Séville

フランス国内配給 :

Haut et Court

共同製作 :

France 3 Cinéma

Film exports/foreign sales :

Celluloid Dreams

興行成績:総合

興行成績:タイムライン

International releases (25)

映画配給会社バイヤー劇場公開日

Show more

Show less

Sorry, your search returned no results.

TV Broadcasts: Cumulative total

TV broadcasts: details by country

あらすじ

80年代初めのハイチ。天国の様な海辺のリゾート地にある一件の小さなホテル。そこには観光客の家族に混じって数人の孤独な北米の女性が滞在している。40歳代のよく考える女性ブレンダ、50歳位でこのホテルのちょっとした女王的存在のフランス語教師エレン、そしてはつらつとして健康的で率直なスーがいた。ホテルの周りでは、若い青年達が彼等の魅力をそのホテルに滞在している人たちと交換し合っていた。その中にレグナという特にエレンのお気に入りで、毎年彼女達が出会っている弱冠18歳の神様の様にきれいな少年が彼女達の生活をめちゃめちゃにすることになる。

Subject

Heading South by Laurent Cantet (Vers le sud, France/Canada, 2005, 105 min.). Laurent Cantet’s (Time Out) third feature, an investigation of sexual tourism, is arguably his most achieved and certainly his most challenging. The setting is a beach resort in Haiti in the late 1970s, where middle-aged North American women (with a lead role for Charlotte Rampling as a Wellesley College professor) go to be sexually pampered by young black men, rewarding them with economic and quasi-maternal favors. Outside the hotel’s artificial bubble, the Duvalier regime is in power, and it can’t be long before Legba, one of the young men, falls foul of the all-powerful Macoute militia. Basing their script on stories by the Haitian writer Dany Laferrière, Cantet and regular co-writer Robin Campillo (director of this year’s They Came Back) sensitively but trenchantly look into a complex nexus of sexual and political issues. Description adapted from the London Film Festival.

Photos (4)

クレジットタイトル詳細 (11)

製作代表 :

Caroline Benjo, Carole Scotta, Simon Arnal-Szlovak

原作者 :

Dany Laferrière

フォトディレクター :

Pierre Milon

編集担当 :

Robin Campillo

Production Designer :

Franckie Diago

サウンド・ミキサー :

Jean-Pierre Laforce

Assistant director :

Sylvie Peyre

Screenwriters :

Laurent Cantet, Robin Campillo

製作部長 :

Jacques Arhex

Sound editors :

Valérie Deloof, Agnès Ravez

Costume designer :

Denis Sperdouklis

技術面詳細

長編映画

ジャンル :

フィクション

サブジャンル :

人生ドラマ

言語 :

フランス語, 英語

出身 :

フランス, カナダ

Original French-language productions :

不明

製作国 :

大部分フランス (フランス, カナダ)

製作年 :

2005

フランス公開 :

25/01/2006

上映時間 :

1 時間 45 分

経過状況 :

公開済み

ニュメロ·デ Visa :

107.737

ビザ発行日 :

15/12/2005

CNC助成 :

はい

生産のフォーマット :

35ミリ

カラータイプ :

カラー

画面セット :

1.85

Audio format :

ドルビーSRD

Posters (1)

監督

ニュース (9)

映画祭でのセレクション (23)

リスボン フランス映画祭 - 2006

リスボン フランス映画祭 (ポルトガル, 2006)

Selection

フランス映画週間 選出作品

Mostra - São Paulo International Film Festival - 2005

Mostra - São Paulo International Film Festival (ブラジル, 2005)

Selection

Official International Selection

BFI London Film Festival - 2005

BFI London Film Festival (イギリス, 2005)

Selection

長編映画公式セレクション

Montreal Festival of New Cinema - 2005

Montreal Festival of New Cinema (カナダ, 2005)

Selection

International Competition

リオデジャネイロ 国際映画祭 - 2005

リオデジャネイロ 国際映画祭 (ブラジル, 2005)

Selection

世界映画のパノラマ

TIFF - 2005

TIFF (カナダ, 2005)

Selection

特別上映

ヴェネツィア国際映画祭 - 2005

ヴェネツィア国際映画祭 (イタリア, 2005)

Selection

公式コンペティション

受賞

ヴェネツィア国際映画祭 - 2005

ヴェネツィア国際映画祭 (イタリア, 2005)

マルチェロ・マストロヤンニ最優秀若手俳優・女優賞 : Ménothy Cesar

代表団 (8)

プレスキット