このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
Rien, voila l'ordre / 仮題:何もするな、これが指令

Rien, voila l'ordre / 仮題:何もするな、これが指令

A 長編映画 by Jacques Baratier

Produced by Wallworks

Release in France : 23/06/2004

  • Contents

俳優 (23)

映画製作・配給会社 (3)

製作代表 :

Wallworks

フランス国内配給 :

Artedis

Film exports/foreign sales :

Cinexport

あらすじ

リアンの精神病院、入院患者とスタッフは奇妙な関係にある。
アルウェットとあだ名される詩人は、解明されない司法事件のあとを受けて30年間病院に置き去りにされ、車椅子暮らし。他の患者たちの前で好んでアマチュア精神科医を演じる。
才能ある若き音楽家アレクシスは、ユーモアや歌を交えた関係をアルウェットと結んでいる。彼はこの病院に世界からの、そして過保護な母親からの逃げ場を見つけたのだ。
その日、数人の患者がサロンに集まってテレビを見ている。映画俳優ピエール・シャブリエールが最後の出演作の終わりに事故死を遂げたことをジャーナリストが告げる。その数日後、その映画に出演した女優で、彼の死が自分のせいだと思い込みショックを受けたゼルダ・ミッチェルが抑うつ治療のためにリアンの病院に入院する。彼女は若い患者のソフィーと同室になり、ソフィーは謎めくと同時に温かいゼルダの存在に非情に敏感である。睡眠治療の最中にゼルダはピアノの音色を聞き、それが頭から離れない。アレクシスが城の昔の礼拝堂内で作曲しているのだった。ゼルダはアレクシスと恋に落ち、彼に身を委ねる。彼女は一緒に病院を抜け出そうと説得にかかるが、アレクシスは狂気の世界を自分だけのものにしておきたい、と言って現実の世界に向かうことを拒否する。
ストーリーは沈痛ではあるが、風変わりな登場人物やアレクシスと病院の掃除婦のモナが歌う歌(セルジュ・レズヴァニの歌)の数々によりやわらげられている。

Photos (5)

クレジットタイトル詳細 (8)

製作代表 :

Claude Kunetz

フォトディレクター :

Thierry Godefroy

報道担当(映画) :

Chantal Lam

スクリプト :

Nathalie Gormand

技術面詳細

長編映画

ジャンル :

フィクション

サブジャンル :

人生ドラマ

言語 :

フランス語

Original French-language productions :

不明

製作国 :

100%フランス

製作年 :

2003

フランス公開 :

23/06/2004

上映時間 :

1 時間 36 分

経過状況 :

公開済み

ニュメロ·デ Visa :

100.697

ビザ発行日 :

16/02/2004

CNC助成 :

はい

生産のフォーマット :

35ミリ

Posters (1)

監督

映画祭でのセレクション

Cannes Film Market - 2004

Cannes Film Market (フランス, 2004)

Selection

Selection