このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
仮題:ポールの失踪

仮題:ポールの失踪

A 長編映画 by Alain Tanner

Release in France : 28/01/2004

  • Contents

俳優 (7)

映画製作・配給会社 (3)

共同製作 :

Gemini Films

フランス国内配給 :

Gemini Films

TV Broadcasts: Cumulative total

TV broadcasts: details by country

あらすじ

"Paul s'en va" の舞台は国立演劇学校、主人公は実際この学校で学ぶ17人の将来の役者たち。
作品は4章に分かれている:
1) 失踪:60年、70年代に活動家であった学校の一教師が突然失踪する。数人の生徒は心配し、他の生徒は無関心、残りの生徒は喜んでいる。
2) 跡:姿を消す前、彼は生徒達にあらゆる種類のゲームカードを置いていった。カードには瞑想するためのテキストが書かれてあったり、小さな指令が書かれてあったりする。
3) 世界:これらの指令のうちいくつかは、アルフレッド・ジャリ作『ユビュ王』から発想を受けて略画を描かなくてはならない。彼らはワシントンDCのホワイトハウスに場所を定めることにした。
4) 与えられたことば:彼ら若き俳優達は将来の人生において、仕事において、過去の、現在の作家達の言葉の媒介者となる。それゆえ彼らは言葉を取り上げ、言葉を他人へと伝えてゆく。

Photos (8)

クレジットタイトル詳細 (9)

Producers :

Paulo Branco, Alain Tanner

フォトディレクター :

Denis Jutzeler

撮影技師アシスタント :

Fabrizio Dörig

音声編集担当 :

François Musy

サウンド・ミキサー :

Gabriel Hafner

Screenwriters :

Alain Tanner, Bernard Comment

録音技師 :

Christophe Giovannoni

編集担当 :

Max Karli

作曲家 :

Michel Wintsch

技術面詳細

長編映画

ジャンル :

フィクション

サブジャンル :

人生ドラマ

言語 :

フランス語

出身 :

スイス, フランス

Original French-language productions :

不明

製作国 :

ごく一部フランス (スイス, フランス)

製作年 :

2004

フランス公開 :

28/01/2004

上映時間 :

1 時間 25 分

経過状況 :

公開済み

ニュメロ·デ Visa :

109749

ビザ発行日 :

25/02/2004

CNC助成 :

不明

生産のフォーマット :

35ミリ

カラータイプ :

カラー

画面セット :

1.66

Audio format :

ドルビーSRD

Posters (1)

監督

映画祭でのセレクション (2)

Locarno International Film Festival - 2010

Locarno International Film Festival (スイス, 2010)

Selection

Special Prizes - Pardo d'Onore: Alain Tanner

Taipei Golden Horse Film Festival - 2005

Taipei Golden Horse Film Festival (台湾, 2005)

Selection

パノラマ部門