このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
10e Chambre instants d'audiences / 仮題:第10法廷部切迫した審問

10e Chambre instants d'audiences / 仮題:第10法廷部切迫した審問

A 長編映画 by Raymond Depardon

Produced by Palmeraie et Désert

Release in France : 02/06/2004

  • Contents

映画製作・配給会社 (3)

製作代表 :

Palmeraie et Désert

フランス国内配給 :

Les Films du Losange

共同製作 :

France 2 Cinéma

興行成績:総合

興行成績:タイムライン

International releases (7)

映画配給会社バイヤー劇場公開日

Show more

Show less

Sorry, your search returned no results.

TV Broadcasts: Cumulative total

TV broadcasts: details by country

あらすじ

2003年5月から7月に渡ってレイモンド・ドパルドンと彼のスタッフは第10パリ軽罪裁判所を傍聴し撮影する権利を例外的に認められた。現行犯から10年後、映画監督はその過程を追いながら裁判所的な機能に基づいた今までなかった証言、新たな市民ドキュメントの形を提案している。ある夜酔っぱらった時に引き起こした事故における分かりやすい召喚から、第10回法廷は私達に裁判所の日常をしっかり見せてくれる。12の事件には12の男と女の話があってそれはある日、法廷という舞台で明らかにされることとなる。

Photos (7)

クレジットタイトル詳細 (8)

製作代表 :

Claudine Nougaret

フォトディレクター :

Raymond Depardon

Camera operators :

Justine Bourgade, Fabienne Octobre

Assistant editor :

Lucile Sautarel

プロデューサー :

Adrien Roche

Sound recordists :

Claudine Nougaret, Sophie Chiabaut

編集担当 :

Simon Jacquet

サウンド・ミキサー :

Dominique Hennequin

技術面詳細

長編映画

ジャンル :

ドキュメンタリー

テーマ :

社会, 裁判

言語 :

フランス語

Original French-language productions :

はい

製作国 :

100%フランス

製作年 :

2003

フランス公開 :

02/06/2004

上映時間 :

1 時間 45 分

経過状況 :

公開済み

ニュメロ·デ Visa :

107.958

ビザ発行日 :

11/03/2004

CNC助成 :

はい

生産のフォーマット :

35ミリ

カラータイプ :

カラー

画面セット :

1.66

Audio format :

ドルビーSR

Posters (2)

監督

ニュース (4)

映画祭でのセレクション (15)