このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
Cauchemar de Darwin (Le) / ダーウィンの悪夢

Cauchemar de Darwin (Le) / ダーウィンの悪夢

A 長編映画 by Hubert Sauper

Produced by Mille et Une Productions

Release in France : 02/03/2005

  • Contents

映画製作・配給会社 (4)

製作代表 :

Mille et Une Productions

Film exports/foreign sales :

Celluloid Dreams

Foreign production companies :

Saga Film, Coop99 Filmproduktion

フランス国内配給 :

Ad Vitam

興行成績:総合

興行成績:タイムライン

International releases (24)

映画配給会社バイヤー劇場公開日

Show more

Show less

Sorry, your search returned no results.

TV Broadcasts: Cumulative total

TV broadcasts: details by country

あらすじ

人類の発祥地とされる世界最大の熱帯湖の湖岸は、今日グローバリゼーション最大の悪夢の舞台となっている。

タンザニアでは1960年代、科学実験と称して捕食性の貪欲なナイルパーチがビクトリア湖に導入された。それ以来、ほとんど全ての土着の魚群は死滅した。巨大なナイルパーチの白身肉の全北半球への輸出が成功し、この環境破壊からは実り多い産業が生まれた。

漁師、政治家、ロシア人パイロット、売春婦、実業家、欧州委員がアフリカ諸国の国境を越えた惨劇の登場人物。

実際、上空では旧ソ連の巨大な貨物飛行機が湖上をひっきりなしに飛び交い、南への武器輸出、という全く違った商売への門戸を開放している。

Subject

「ダーウィンの悪夢」は全くの実話である。グローバリゼーションを背景とした、北半球と南半球の人間たち、そして魚たちの物語。本作のアイディアは、1997年に産業革命がたどり着いたムワンザという名の小村で生まれた。そこで私は食料を満載した二機の巨大貨物飛行機が交差するのを見たのである。一機目は近隣の国連難民キャンプ向けに45トンの援助食糧、小麦、とうもろこしを満載してアメリカから届いた。もう一機は50トンの鮮魚を載せてベルギーに向かっていた。
ナイルパーチは湖の中ではごく最近仲間入りした種である。人工的に導入された後、この肉食魚は土着の魚のうち95%以上を食べ尽くしてしまった。その結果、世界最大の熱帯湖であるビクトリア湖のエコシステムは今日完全にバランスを崩し、酸素が不足している。ところが腹をすかせた大魚は自分達の稚魚をも食しながら成長しつづける。それにより多国籍かつ一時的な食料産業が誕生した。これら全ては地球上最も貧しい国の一つ、タンザニアで起こる。湖岸に暮らす数百万の人々はもはや魚を食べることができない。ナイルパーチは経済の法則、強者の論理に則って、飛行機に乗り北半球に向かう。

Photos (5)

クレジットタイトル詳細 (5)

海外プロデューサー :

Hubert Toint

報道担当(映画) :

Matilde Incerti

Sound editor :

Veronika Hlavatsch

録音技師 :

Cosmas Antoniadis

Editor :

Denise Vindevogel

技術面詳細

長編映画

ジャンル :

ドキュメンタリー

テーマ :

環境, 社会

言語 :

英語

出身 :

フランス, ベルギー, オーストリア

Original French-language productions :

不明

製作国 :

大部分フランス (フランス, ベルギー, オーストリア)

製作年 :

2004

フランス公開 :

02/03/2005

上映時間 :

1 時間 47 分

経過状況 :

公開済み

ニュメロ·デ Visa :

107.927

ビザ発行日 :

01/03/2005

CNC助成 :

はい

生産のフォーマット :

35ミリ

カラータイプ :

カラー

画面セット :

1.85

Audio format :

ドルビーSRD

Posters (3)

監督

ニュース (2)

映画祭でのセレクション (17)

オスカー  - 2006

オスカー  (アメリカ合衆国, 2006)

Selection

Nomination Oscar du Meilleur documentaire

Istanbul Film Festival - 2005

Istanbul Film Festival (トルコ, 2005)

Selection

映画、時代の鏡-人権

BFI London Film Festival - 2004

BFI London Film Festival (イギリス, 2004)

Selection

長編映画公式セレクション

TIFF - 2004

TIFF (カナダ, 2004)

Selection

Real to Reel Documentaries

受賞

セザール賞(フランス映画) - 2006

セザール賞(フランス映画) (フランス, 2006)

César Award for Best First Feature

代表団