このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
Moolaade / 母たちの村

Moolaade / 母たちの村

A 長編映画 by Ousmane Sembene

Release in France : 09/03/2005

  • Contents

俳優 (6)

映画製作・配給会社 (4)

興行成績:総合

興行成績:タイムライン

International releases (11)

映画配給会社バイヤー劇場公開日

Show more

Show less

Sorry, your search returned no results.

TV Broadcasts: Cumulative total

TV broadcasts: details by country

あらすじ

7年前、アフリカで割礼を受けた母親、コレ・アルドは彼女のひとり娘を女子割礼させなかった。 この抵抗行為は絶えず話され続け、新たに7年経って4人の少女がアルドのところに逃げ込みモーラーデという保護権を求めてきた。 村は白熱しサリンデ(女性割礼擁護)とモーラーデという2つの意見で対立した。 この映画はセンべーネ・ウスマンの3部作の第2弾“日常の英雄的精神”で構成されている。(第1作は“FAAT KINE”で第3作は執筆中の“ネズミ(女性・子供への愛称)の協会”)

Subject

「女子割礼はアフリカ連合加盟国54カ国中38カ国で行われている。

割礼に用いられている方法(旧式、もしくは最新式)がどんなものであろうと、女性の尊厳と廉潔の侵害である。

モーラーデを過去の時代の遺品を撤廃するために闘う母親、女性たちに捧げたいのです。」(センべーネ・ウスマン監督)

Photos (4)

クレジットタイトル詳細 (8)

シナリオライター :

Ousmane Sembene

録音技師 :

Denis Guilhem

編集担当 :

Abdellatif Raiss

作曲家 :

Boncana Maïga

フォトディレクター :

Dominique Gentil

報道担当(映画) :

Thierry Lenouvel, Claire Viroulaud

装飾 :

Joseph Kpobly

サウンド・ミキサー :

Jean-Guy Véran

技術面詳細

長編映画

ジャンル :

フィクション

サブジャンル :

ドラマ

テーマ :

伝統

言語 :

アフリカ方言

出身 :

セネガル, ブルキナファソ, モロッコ, チュニジア, フランス

Original French-language productions :

はい

製作国 :

ごく一部フランス (セネガル, ブルキナファソ, モロッコ, チュニジア, フランス)

製作年 :

2004

フランス公開 :

09/03/2005

上映時間 :

1 時間 57 分

経過状況 :

公開済み

ニュメロ·デ Visa :

111.975

ビザ発行日 :

18/02/2005

CNC助成 :

はい

生産のフォーマット :

35ミリ

カラータイプ :

カラー

画面セット :

1.66

Audio format :

ドルビーSR

Posters (1)

監督

ニュース (3)

映画祭でのセレクション (18)

Istanbul Film Festival - 2005

Istanbul Film Festival (トルコ, 2005)

Selection

映画、時代の鏡-人権

BFI London Film Festival - 2004

BFI London Film Festival (イギリス, 2004)

Selection

長編映画公式セレクション

BIFF - 2004

BIFF (韓国, 2004)

Selection

World Cinema

Namur International French-Language Film Festival - 2004

Namur International French-Language Film Festival (ベルギー, 2004)

Selection

公式コンペティション

TIFF - 2004

TIFF (カナダ, 2004)

Selection

マスター部門