このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
Animal / 仮題:アニマル

Animal / 仮題:アニマル

A 長編映画 by Roselyne Bosch

Produced by Studio Légende

Release in France : 11/01/2006

  • Contents

俳優 (11)

映画製作・配給会社 (4)

製作代表 :

Studio Légende

Film exports/foreign sales :

StudioCanal

Co-productions :

Animatografo 2, Animal production Ltd

フランス国内配給 :

Mars Distribution

あらすじ

おそらく今日、ヨーロッパのどこかの大学。

暴力と戦う社会で、分子生物学博士のトマス・サマルカンドは極端な暴力的行動を除去する遺伝子手法を密かに発見した。彼に必要なのは人間の実験台。‘ハンター’の偽名で知られるシリアルキラー、真の悪のスター、若い女性殺しのビセンテ・イパラクほど好都合な被験者はない!

だが人体実験は禁止されており、ひょっとしたら致命的だ。殺し屋が承諾するわけがない。ところがトマスは説得手段には事欠かない。ビセンテ・イパラクが‘遺伝子的に’暴力的であると証明できれば、彼には責任能力がないと判断されるだろう。誰も遺伝子の責任を取ることはできないのだから。結果として、トマスはビセンテを注射による死刑から守り、命を救うことができるのだ。

正反対の彼ら二人の間にあいまいな関係が成り立つ。殺し屋が同情の念を抱きつつある中、遺伝学者はずっと夢見たカリスマ的リーダーとなるために、そしてオオカミ専門の行動生態学者、美しいジュスティヌ・ケラー博士をものにするために、自身の性質を変えたがる。

博士は危険な人物となり、かつての‘捕食者’は刑務所から逃げ出す。二人とも今や別人のようである。だが一体彼らは今では誰なのか?

非常に理想主義的な動機に動かされて実験が開始されたことは間違いない。ただ、地獄への道は善意に満ちており…。

Photos

クレジットタイトル詳細 (13)

製作代表 :

Ilan Goldman

Screenwriter :

Roselyne Bosch

フォトディレクター :

Tetsuo Nagata

Production manager :

Cathy Lemeslif

Editor :

Maryline Monthieux

装飾 :

Jacques Rouxel

Costume designer :

Chattoune+Fab

Assistant directors :

Ivan Fegyveres, Mathias Honoré

Co-producers :

Antonio da Cunha Telles, Timothy Burrill

録音技師 :

Allan Brereton

報道担当(映画) :

Alexandra Schamis

スクリプト :

Jacqueline Gamard

キャスティング :

Chloé Emmerson

技術面詳細

長編映画

ジャンル :

フィクション

サブジャンル :

スリラー

言語 :

英語

出身 :

フランス, イギリス, ポルトガル

Original French-language productions :

不明

製作国 :

大部分フランス (フランス, イギリス, ポルトガル)

製作年 :

2004

フランス公開 :

11/01/2006

上映時間 :

1 時間 39 分

経過状況 :

公開済み

ニュメロ·デ Visa :

87.277

ビザ発行日 :

08/06/2005

CNC助成 :

はい

生産のフォーマット :

35ミリ

カラータイプ :

カラー

画面セット :

スコープ

Audio format :

ドルビーSRD