このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
Quartier V.I.P. / 仮題:VIP地区

Quartier V.I.P. / 仮題:VIP地区

A 長編映画 by Laurent Firode

Produced by Mact Productions

Release in France : 25/05/2005

  • Contents

俳優 (11)

映画製作・配給会社 (3)

製作代表 :

Mact Productions

フランス国内配給 :

Quinta Communications

TV Broadcasts: Cumulative total

TV broadcasts: details by country

あらすじ

パリ・サンテ刑務所の看守アレックスは平凡な毎日を送っている。狡賢い囚人たちやに囲まれ、権力を振り回す上官のいじめ、そして妻のルイーズとテレビの晩。いつもの習慣。だが看守アレックスの視線は、成功しない逃亡の夢や屈服する悲しさをはからずも明らかにする。Mごろつきだった過去を削除するためであるかのように、彼は自分自身に一生刑務所暮らしを強いたのだった。
アレックスは突然VIP区域に異動させられる。同僚や友のルネと残念ながら離れ離れとなり、世界は一変する。新しいセクションはまったくの突飛人用ホテルといってよい。資金に手を出した実業家や大物偽造者らが彼らの社会的ランクのおかげで小さな特権の数々を享受する。その引き換えに、看守たちは秘密のチップを受け取ることを厭わない。そういった現行のしきたりに従おうとしないアレックスは他の看守たちから疑いをもたれ、さらに囚人の一人、ベルトラン・フォンサックの関心を引く。
拘置により体調を崩した大企業の社長であるフォンサックはただひたすら妻のクレールへの復讐を考えている。彼女は15年間流用された隠し金を手に入れた末に夫と別れたのだった。うんざりするアレックスをフォンサックは見逃さず、復讐の理想的な道具としてさえとらえる。堕落した企業家フォンサックは人生を変えることのできる大金と引き換えに、幻滅した看守に謎の投資家の身分を装う話を持ち込む。計画は一見単純だ。アレックスはクレールを誘惑し、金をいんちきなビジネスに投資するよう巧みに誘い込む。フォンサックは若い妻が儲けの誘惑に勝てないだろうと確信している。
アレックスはためらい…そして飛び込む。強化研修を言い訳に、アレックスは自称運転手のルネをそばに従えて、毎晩クレールのよく行く場所に入り込む。アレックスはまもなく、クレールがフォンサックの言うような貪欲な腹黒女などではなく、自由を取り戻した幸せな女性だということに気がつく。魅力が効果を発揮し、感情が絡み合い…。アレックスにとっては二度とご免の現実の生活と作り話でしかない新しい生活の使い分けがますます難しくなってくる。ある日皆に嘘をつくことに嫌気がさしたアレックスはこの話から降りる決心をする。クレールを失う覚悟で…。

Photos (5)

クレジットタイトル詳細 (11)

製作代表 :

Martine de Clermont-Tonnerre

フォトディレクター :

Bruno Romiguière

製作部長 :

Philippe Hagege

編集担当 :

Didier Ranz

作曲家 :

Yvan Cassar

サウンド・ミキサー :

Stéphane Thiébaut

技術面詳細

長編映画

ジャンル :

フィクション

サブジャンル :

コメディー

言語 :

フランス語

その他の国の共同制作者 :

フランス

Original French-language productions :

不明

製作国 :

100%フランス (フランス)

製作年 :

2005

フランス公開 :

25/05/2005

上映時間 :

1 時間 40 分

経過状況 :

公開済み

ニュメロ·デ Visa :

108.333

ビザ発行日 :

20/12/2004

CNC助成 :

はい

生産のフォーマット :

35ミリ

カラータイプ :

カラー

画面セット :

1.85

Audio format :

ドルビーSRD