このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
ありふれた愛のストーリー

ありふれた愛のストーリー

A 長編映画 by Claude Sautet

Produced by Rialto Films, Sara Films, Renn Productions

Release in France : 22/11/1978

    あらすじ

    デザイナーのマリー(ロミー・シュナイダー)は16歳になる息子と二人暮らし。嫉妬深い恋人セルジュ(クロード・ブラッスール)と別れて子供を堕ろ したばかりだ。空虚な気分のマリーの前に前夫ジョルジュ(ブリュノ・クレメール)が現れ、焼けぼっくいに火がつく。またやり直そうとするが、相変わらずの 性格のジョルジュにうんざり、未婚の母になる決心をする。

    Source : movie.goo.ne.jp

    俳優 (18)

    映画製作・配給会社 (4)

    製作代表 :

    Rialto Films, Sara Films, Renn Productions

    Film exports/foreign sales :

    Pathé Distribution

    共同製作 :

    France 3 Cinéma

    フランス国内配給 :

    AMLF

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    Subject

    今は亡きロミー・シュナイダーが、別れた夫と恋人の間で揺れるパリジェンヌを演じるラブ・ストーリー。シュナイダーはこの作品で、78年度のセザール賞主演女優賞を受賞。

    Source : movie.goo.ne.jp

    クレジットタイトル詳細 (15)

    Adapter/dialogue writer :

    Jean-Loup Dabadie

    Screenwriters :

    Jean-Loup Dabadie, Claude Sautet

    フォトディレクター :

    Jean Boffety

    撮影技師アシスタント :

    Pierre Boffety, Jean-Paul Rosa Da Costa, Michel Abramowicz

    Editor :

    Jacqueline Thiedot

    作曲家 :

    Philippe Sarde

    Costume designer :

    Corinne Jorry

    スチールマン :

    Georges Pierre

    Producers :

    Claude Berri, Alain Sarde

    海外プロデューサー :

    Horst Wendlandt

    録音技師 :

    Pierre Lenoir

    製作部長 :

    Michel Choquet

    装飾 :

    Georges Levy

    美術装飾 :

    Georges Levy

    サウンド・ミキサー :

    Vincent Arnardi

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    心理劇

    言語 :

    フランス語

    出身 :

    フランス, ドイツ

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    大部分フランス (フランス, ドイツ)

    製作年 :

    1978

    フランス公開 :

    22/11/1978

    上映時間 :

    1 時間 45 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    49006

    ビザ発行日 :

    15/11/1978

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー

    Audio format :

    モノラル

    Posters (2)

    監督

    映画祭でのセレクション (2)

    オスカー  - 1980

    オスカー  (アメリカ合衆国, 1980)

    Selection

    Nomination for Best Foreign Language Film

    セザール賞(フランス映画) - 1979

    セザール賞(フランス映画) (フランス, 1979)

    Selection (10)

    Best Sound : Pierre Lenoir

    Best Cinematography : Jean Boffety

    Best Original Music : Philippe Sarde

    Best Screenplay (Original or Adapted) : Jean-Loup Dabadie, Claude Sautet

    Best Director : Claude Sautet

    Best Supporting Actress : Arlette Bonnard

    Best Supporting Actor : Claude Brasseur

    Best Actress : Romy Schneider

    Best Actor : Claude Brasseur

    Best Film

    受賞