このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
Memoire d'un saccage - Argentine, le hold-up du siecle / 仮題:略奪の記憶:アルゼンチン、世紀の武装強盗

Memoire d'un saccage - Argentine, le hold-up du siecle / 仮題:略奪の記憶:アルゼンチン、世紀の武装強盗

A 長編映画 by Fernando E. Solanas

Release in France : 29/09/2004

  • Contents

映画製作・配給会社 (3)

共同製作 :

ADR Productions

フランス国内配給 :

Ad Vitam

Foreign production companies :

Thelma Film AG, Cinesur

興行成績:総合

興行成績:タイムライン

International releases (3)

映画配給会社バイヤー劇場公開日

Show more

Show less

Sorry, your search returned no results.

TV Broadcasts: Cumulative total

TV broadcasts: details by country

あらすじ

軍事独裁から今日までの25年間、アルゼンチンは平和な時代に一国が経験する中で最も厳しい経済的、社会的崩壊にさらされた。この豊かな国、そしてそこに住む人々は、反世界統一派が告発するところのショック全体を正面から身をもって体験した。恥知らずな急進的自由主義、国の資産の略奪、対外負債の爆発、大規模な政界、金融界の汚職…。全ては西側の国々が示し合わせ、国際機関が共謀したことだ。
カルロス・メネムのような人々に体現されたこの焦土作戦は、真の社会的大虐殺、飢饉、疾病、人間の命が犠牲となる前代未聞の大混乱を導いた。
≪ Saccage ≫はこの惨事に導いた機構を一つずつ解明していく。この作品は勇気と誇りをもって抵抗する全ての人々に捧げられている。予知可能で豊かな土地に起こる貧困の道は尚一層受け入れがたい。

Photos (2)

クレジットタイトル詳細 (9)

あてレコ :

Fernando E. Solanas

Directors of Photography :

Fernando E. Solanas, Alejandro Fernandez Moujan

製作部長 :

Daniel Samyn

Editors :

Juan Carlos Macias, Fernando E. Solanas

サウンド・ミキサー :

Bruno Tarrière

共同製作 :

Alain Rozanes

Sound recordists :

Jorge A. Kuschnir, Marcos Dickinson, Eric Vaucher

報道担当(映画) :

Laurence Granec, Karine Ménard

作曲家 :

Gerardo Gandini

技術面詳細

長編映画

ジャンル :

ドキュメンタリー

出身 :

スイス, アルゼンチン, フランス

Original French-language productions :

不明

製作国 :

ごく一部フランス (スイス, アルゼンチン, フランス)

製作年 :

2004

フランス公開 :

29/09/2004

上映時間 :

2 時間

経過状況 :

公開済み

ニュメロ·デ Visa :

106.809

CNC助成 :

はい

生産のフォーマット :

35ミリ

カラータイプ :

カラー

画面セット :

スコープ

Audio format :

ドルビーDTS