このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
Voici venu le temps / 仮題:いまこそその時

Voici venu le temps / 仮題:いまこそその時

A 長編映画 by Alain Guiraudie

Produced by Les Films Pelléas

Release in France : 13/07/2005

  • Contents

俳優 (20)

映画製作・配給会社 (3)

製作代表 :

Les Films Pelléas

フランス国内配給 :

Ad Vitam

Film exports/foreign sales :

Films Distribution

あらすじ

パープル山の羊飼いたちに支配者として君臨する大地主、リホ・ロマディス・ブロン。彼の娘を連れ去った悪党マンジャス・ケビールの追跡に向かったオビタニーの戦士たちが新たな攻撃に備えるときがやってきた。マンジャス・ケビールが娘を殺害したと糾弾するリホ・ロマディス・ブロンは、国の全住民を説き伏せて殺し屋を追わせる。その地域一の戦士、ラドヴァン・レミラ・ストイは、戦争を引き起こしかねないこの無分別な行いに抗議する。追跡の得意な素晴らしい兵士、この物語の主人公であるフォゴ・ロンプラは、居場所のわからぬマンジャス・ケビールに、羊飼いの解放のための戦いに、終わりなき彷徨へと運命付けられた兵士としての人生に、そして叶わぬ愛に疑問を抱き始める。

Photos (4)

クレジットタイトル詳細 (13)

製作代表 :

Philippe Martin

Producer :

Géraldine Michelot

フォトディレクター :

Antoine Héberlé

Production manager :

Laurence Farenc

Editor :

Stéphanie Mahet

装飾 :

Philippe Jacob

Costume designer :

Karine Vintache

Assistant directors :

Emile Louis, Fany Pouget

シナリオライター :

Alain Guiraudie

Sound recordists :

Sylvain Girardeau, Philippe Grivel, Cyril Holtz

報道担当(映画) :

Agnès Chabot

スクリプト :

Claudia Neubern

作曲家 :

Teppaz, Naz, Jefferson Lembeye

技術面詳細

長編映画

ジャンル :

フィクション

言語 :

フランス語

Original French-language productions :

不明

製作国 :

100%フランス

製作年 :

2005

フランス公開 :

13/07/2005

上映時間 :

1 時間 32 分

経過状況 :

公開済み

ニュメロ·デ Visa :

106.436

ビザ発行日 :

20/06/2005

CNC助成 :

はい

生産のフォーマット :

35ミリ

カラータイプ :

カラー

画面セット :

1.66

Audio format :

ドルビーSRD

禁止 :

一般向き(注釈つき)

Posters (1)

監督

映画祭でのセレクション (6)

BIFF - 2006

BIFF (韓国, 2006)

Selection

選出作品

トリノ 国際映画祭 - 2005

トリノ 国際映画祭 (イタリア, 2005)

Selection

公式セレクション 長編映画

BFI London Film Festival - 2005

BFI London Film Festival (イギリス, 2005)

Selection

長編映画公式セレクション