このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
Emmenez-moi / 仮題:連れて行って

Emmenez-moi / 仮題:連れて行って

A 長編映画 by Edmond Bensimon

Produced by Norimages Films, Vendredi Film

Release in France : 13/07/2005

  • Contents

俳優 (11)

映画製作・配給会社 (4)

製作代表 :

Norimages Films, Vendredi Film

Film exports/foreign sales :

Rezo

Co-productions :

France 2 Cinéma, Pictanovo

フランス国内配給 :

Mars Distribution

興行成績:総合

興行成績:タイムライン

International releases (2)

映画配給会社バイヤー劇場公開日

Show more

Show less

Sorry, your search returned no results.

TV Broadcasts: Cumulative total

TV broadcasts: details by country

あらすじ

生活保護や不衛生な住居、労働社会不適格だった7年を経て、50歳を過ぎたジャン・クロードには確かなことが何ひとつない:もし彼がひとつのことに集中することがあるとしたら、それは偶然ではなく、彼のアイドル、いや神様、シャルル・アズナブールのおかげ!
彼はアズナブールの全ての歌を覚えている。シャルルは彼の人生の節目節目でいつもすべきことを教えてくれた:『地獄の決死隊』を見た後にはその地方で働いたし、彼の母親が亡くなったときには同じように"La Mamma"を歌ったものだ。
どんなときでもアズナブールの歌の中に、彼は救いと安らぎを見つけたのだった。ジャン・クロードはシャルルにありがとうと伝えることを決意する! ある朝、そう思い立ったのだ。そして怖じ気づいたり、言葉が見つからなくなるのが怖いので、彼はその感謝の思いを彼の甥っ子ブノワに頼んでビデオに撮ってもらうことにした。
『箱の中』にひとたび愛の告白をしたら、彼はそのカセットを直接シャルルに手渡すのが当然のことのように思えた。そして、彼はそれを歩いて実行に移そうとする:フランス北部ルベからパリへと、それは200キロメートルだけれども、彼は長いこと運動をしていなかった。ブノワは叔父の『巡礼』の間、叔父を撮影することに決めた。昼も夜も、ブノワは寝ずに、もとい、ほとんど寝ずにすべてを記録に残そうとする:失業中のアンティル諸島出身のアルセーヌやゴミ収集作業員、いつも「とにかく」で会話を切り出すちょっと抜けてる、でも親切なボリスとの出会い・・・。

Photos (5)

クレジットタイトル詳細 (11)

製作代表 :

Frédéric Bourboulon, Pierre Kubel, Gilles Bonnard, André Galzot, Pascal Lamargot

シナリオライター :

Edmond Bensimon

Sound recordists :

Anne Le Campion, Olivier de Nesle, Alain Féat

報道担当(映画) :

André-Paul Ricci

スクリプト :

Odile Castagné

Costume designer :

Claire Gérard-Hirne

監督補佐 :

Pierre Sénélas

Director of photography :

Dominique Le Rigoleur

製作部長 :

François Hamel

Editor :

Élisabeth Paquotte

装飾 :

Thomas Peckre

技術面詳細

長編映画

ジャンル :

フィクション

言語 :

フランス語

Original French-language productions :

不明

製作国 :

100%フランス

製作年 :

2005

フランス公開 :

13/07/2005

上映時間 :

1 時間 38 分

経過状況 :

公開済み

ニュメロ·デ Visa :

107.519

ビザ発行日 :

16/06/2005

CNC助成 :

はい

生産のフォーマット :

35ミリ

カラータイプ :

カラー