このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
ラ・ブーム

ラ・ブーム

A 長編映画 by Claude Pinoteau

Produced by Gaumont, Productions Marcel Dassault

Release in France : 17/12/1980

    あらすじ

    10月のパリ。新学期にわくリセで、13歳の少女ビック(ソフィー・マルソー)はペネロプ(シーラ・オコナー)と仲良くなった。ビックの父フランソ ワ(クロード・ブラッスール)は歯科医、母フランソワーズ(ブリジット・フォッセー)は漫画家で、一人娘のビックとは率直な関係でありたいと願っていた。 母方のひいおばあちゃんプペット(ドニーズ・グレー)は現役のハープ奏者で、その豊富な男性経験からビックに恋愛戦術を伝授してくれる。ブームで知り合っ たマチュー(アレクサンドル・スターラン)に恋心を抱くビック。一方、別れたつもりの愛人に迫られて一夜をすごしたフランソワは、足を骨折したと嘘をつ く。夫を信じて本気で案じてくれる妻の真心に、うたれて真相を告白するフランソワ。結局、フランソワは別居することになった。ホテルマン志望のマチュー が、実習のためグランド・ホテルに行く。彼を追ってビックもグランド・ホテルに。だが、二人のランデブーはみじめな結果に終った。フランソワーズは娘のこ とで会ったドイツ語教師エリック(ベルナール・ジロドー)と付きあうようになる。フランソワが勘違いから、フランソワーズに嫌味を言ったことがきっかけ で、フランソワーズとエリックは結ばれる。プペットに「今を逃したら最後よ」と言われて、フランソワは妻をベニス旅行へ誘う。しかし、彼女はエリックとア フリカ旅行に行くという。だが、フランソワーズは搭乗口で思い直し、昔ビックを身ごもったと告白したレストランに行く。すると彼が一人さびしく食事をして いた。ビックはブームでマチューと再会し、抱き合い踊る。そこヘ、初対面の少年が入って来て、ビックと目が合った。新しい曲が始まると、二人は踊り出す。

    Source : movie.goo.ne.jp

    俳優 (36)

    映画製作・配給会社 (3)

    製作代表 :

    Gaumont, Productions Marcel Dassault

    フランス国内配給 :

    Gaumont

    Film exports/foreign sales :

    Gaumont

    興行成績:総合

    興行成績:タイムライン

    International releases (2)

    映画配給会社バイヤー劇場公開日

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    Subject

     評

    公開時の評に以下のようなものがある。

        「[山本晋也曰く]『もろ、ロリータ・コンプレックス』」
        「『お尻がムズムズ。はずかしくって見てられん』『女の子ってわからん」と言っていた人を知っている」。
        「おもちゃ箱的青春ムービー。(中略)ごく普通の少女達が、普通の恋をして、またひとつ大人になるのでありました、とりまく大人は大人でイロイロあり、ひとつ年をとりましたとさ。といった、よくあるパターンではありますが、しかし、その味つけがなかなかのもの」。
        「何を着て行こうかと、あれこれ迷う若いヒロインの、カット重ねによるファッションの見せ方は、こちらも心がはずむ」。
        「[ヒロインの曾祖母が]いかにもフランスらしい人生の練達者に見える。この人が、影に日向に、若いヒロインの先導者となるのである。この豊かさは、他の国の映画では、ちょっと見あたらない」。
        「両親が、娘の初めてのブームの、送りむかえをするところなど、気の使い方がしのばれて、描写はユーモラスにも細かい」。
        「別居から、離婚寸前までいく(中略)親のいざこざに遭遇する、現代の子供という、世界共通のテーマを提示してくる。
        「“すべての世代を楽しませる優しいバラ色の映画”“魔術のような美しい映画”と評された」。

    後年の評に以下のようなものがある。

        「とりたててどうということもないリセエンヌの淡い初恋物語だったり、友情物語だったり。社会現象をともなったあのヒットぶりは、一体何だったのか」。

    監督インタビュー

        大ヒットした理由は、若者たちが映画の主人公を同一視してくれたからだろう。日本の若者がどういう状況におかれているかわからないが、ロマンチックな初恋物語であり、どこにでもある親と子の話だから、きっとわかってくれると思う[4]。
        現代(引用注:1980年代初)の若者は麻薬やセックスなど暗いイメージが強調され過ぎているように思えるが、もっとロマンチックな青春を送っている子供たちもきっといるはずだ。純粋に、平凡に生きている子供を描くことで社会の現実を伝えたかった。

    Source : Wikipedia

    クレジットタイトル詳細 (20)

    Assistant directors :

    Remy Duchemin, Robin Katz

    Screenwriters :

    Danièle Thompson, Claude Pinoteau

    録音技師 :

    Bernard Bats

    撮影技師アシスタント :

    Bernard Cavalié, Franck Séchan

    Production managers :

    Jacques Bourdon, Marc Goldstaub

    Editor :

    Marie-Josèphe Yoyotte

    Assistant editors :

    Christine Pansu, Chantal Pernecker

    装飾 :

    Jacques Bufnoir

    キャスティング :

    Françoise Menidrey

    サウンド・ミキサー :

    Claude Villand

    Producers :

    Marcel Dassault, Alain Poiré

    フォトディレクター :

    Edmond Séchan

    音声アシスタント :

    Michel Kharat

    撮影技師 :

    Yves Rodallec

    報道担当(映画) :

    Paulette Andrieux

    Sound editor :

    Gina Pignier

    スクリプト :

    Catherine Prevert

    作曲家 :

    Vladimir Cosma

    Costume designers :

    Nicole Bize, Jacques Fonteray

    スチールマン :

    Jean-Louis Castelli

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    コメディー

    テーマ :

    思春期

    言語 :

    フランス語

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    100%フランス

    製作年 :

    1980

    フランス公開 :

    17/12/1980

    上映時間 :

    1 時間 50 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    52761

    ビザ発行日 :

    05/01/1981

    CNC助成 :

    はい

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー

    画面セット :

    1.66

    Audio format :

    モノラル