このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
Je lis dans tes yeux / 仮題:目を見れば分かる

Je lis dans tes yeux / 仮題:目を見れば分かる

A 長編映画 by Valia Santella

Release in France : 27/07/2005

  • Contents

俳優 (8)

映画製作・配給会社 (3)

共同製作 :

Bac Films Distribution

Film exports/foreign sales :

Wild Bunch

Foreign production companies :

Sacher Films S.V.I., Rai Cinema

あらすじ

ローマとナポリを舞台に繰り広げられる、付かず離れずの3世代3人の女性を巡る物語。気が強く何をしでかすか分からないマルゲリータ。歌手の彼女は、声帯に重大な問題があったせいでプライベートでも仕事でも危機に陥っている。娘のキアラは親戚家族との関係を断ち、発音矯正士をしながらローマに暮らす。母親との関係は特にコントラストと隔たりの上に築かれていたのだった。キアラの娘のルチアは彼女ら二人の橋渡し役。少女は祖母との関係を一吹きの自由として暮らしている。そしてマルゲリータは孫娘を通して、娘に対してはできなかった母親になることができたのである。「この歌を我が娘へ」。マルゲリータが娘のキアラに送る中で、これがおそらく最も誠実かつ最も必要な言葉であろう。彼女に対する心づくし、差し出された手、抱擁。この言葉により、彼女は娘に全てを、つまり彼女自身を、過去により二人を離れ離れにした全てを捧げる。二人を結びつけていた複雑な感情に立ち向かうことができず、キアラとその母は徐々に互いから離れていった。そしてキアラが娘ルチアの視線の持つシンプルさで母を見ることができて初めて、あるがままのマルゲリータをそのまま受け入れることができるのだった。

Photos (5)

クレジットタイトル詳細 (8)

Assistant director :

Loredana Conte

フォトディレクター :

Tommaso Borgstrom

編集担当 :

Clelio Benevento

作曲家 :

Paolo Fresu

Screenwriters :

Heidrun Schleef, Valia Santella

録音技師 :

Alessandro Zanon

Production Designer :

Eugenia Di Napoli

Costume designer :

Maria Rita Barbera

技術面詳細

長編映画

ジャンル :

フィクション

サブジャンル :

ドラマ

出身 :

イタリア, フランス

Original French-language productions :

不明

製作国 :

ごく一部フランス (イタリア, フランス)

製作年 :

2004

フランス公開 :

27/07/2005

上映時間 :

1 時間 22 分

経過状況 :

公開済み

ニュメロ·デ Visa :

110.012

CNC助成 :

はい

生産のフォーマット :

35ミリ

カラータイプ :

カラー