このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]

neuvième (la)

A 長編映画 by Pierre-Henry Salfati

製作年 : 2005

  • Contents

あらすじ

How Beethoven’s Ninth Symphony, a work celebrating universal brotherhood, has been hi-jacked by the powerful and despotic of this world.

Written between 1817 and 1824, Beethoven’s Ninth Symphony is regarded as the great German composer’s musical will and testament. But, above all, it champions the most generous of utopias, that of a human brotherhood to come. Associated with the ideal of beauty and inspired by Schiller’s “Ode to Joy,” claiming that all men are brothers, this rallying work announced a new golden age and left its indelible imprint on the Western musical canon. Nevertheless, the work has been hi-jacked by powerful people of this world, including despots. How is it that music with such universalist aims has been perverted in this way?

Photos

クレジットタイトル詳細 (2)

シナリオライター :

Pierre-Henry Salfati

技術面詳細

長編映画

ジャンル :

ドキュメンタリー

その他の国の共同制作者 :

ドイツ

Original French-language productions :

不明

製作国 :

ごく一部フランス (ドイツ)

製作年 :

2005

フランス公開 :

上映時間 :

1 時間 19 分

経過状況 :

CNC助成 :

不明

カラータイプ :

カラー

監督

映画祭でのセレクション

Montreal World Film Festival - 2005

Montreal World Film Festival (カナダ, 2005)

Selection

Documentaries of the World