このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
ピエラ 愛の遍歴

ピエラ 愛の遍歴

A 長編映画 by Marco Ferreri

Produced by Sara Films, Faso Film s.r.l., T Films

Release in France : 18/05/1983

  • Contents

俳優 (6)

映画製作・配給会社 (4)

製作代表 :

Sara Films, Faso Film s.r.l., T Films

Film exports/foreign sales :

StudioCanal Films Limited

海外製作作品 :

Ascot film

フランス国内配給 :

UGC Distribution (ex International)

TV Broadcasts: Cumulative total

TV broadcasts: details by country

あらすじ

幼い娘のピエラ(ベッティーナ・グルン)は、母親のエウジェニア(ハンナ・シグラ)の姿をいつも求めていた。絶え ず家を留守にして男を求め歩いているエウジェニアは、ピエラの目には自由な女性に映ったが自分はそうなりたいとは思わなかった。彼女は父親ロレンツォ(マ ルチェロ・マストロヤンニ)を愛していたが、母親のことを話したことはなかった。美しい娘に成長したピエラ(イザベル・ユペール)は、洋装店で働いていた 時に舞台に出るチャンスに恵まれ、友人や母たちに朗唱して楽しませた。彼女は「イオリヨの娘」を舞台でやる予定だったが、急病で倒れ、入院してしまう。退 院したピエラは、父が保養所に入っているのを知り、彼を訪ねた。ロレンツォは、彼が愛を捧げてきたのはエウジェニアと党だと告白した。一方、母親の愛人 マッシモはエウジェニアにつらくあたっていた。それを知ったピエラは、湖の近くに彼を誘い出し、彼の欲望をそそるが満足させることはしなかった。ベルリン の夕暮れ、野外劇場「メディア」に出演するピエラ。絶賛のうちに終えた彼女は養老院にいる母を訪ねた。相変わらず肉感的な母は髪を短くかられ、悲しんでい た。二人は、昔よく行った浜辺に行き、裸になってしみじみと抱き合うのだった。

Source : movie.walkerplus.com

クレジットタイトル詳細 (12)

製作代表 :

Alain Sarde

Authors of the original work :

Piera Esposti-degli, Dacia Maraini

Screenwriters :

Piera Esposti-degli, Dacia Maraini, Marco Ferreri

フォトディレクター :

Ennio Guarnieri

製作部長 :

Gérard Gaultier

作曲家 :

Philippe Sarde

監督補佐 :

Paolo Trotta

エグゼクティブプロデューサー :

Luciano Luna

Foreign producers :

Erwin C. Dietrich, Achille Manzotti

録音技師 :

Georges Prat

編集担当 :

Ruggero Mastroianni

Costume designer :

Nicoletta Ercole

技術面詳細

長編映画

ジャンル :

フィクション

サブジャンル :

ドラマ

テーマ :

同性愛, クレイジー

言語 :

イタリア語

出身 :

イタリア, ドイツ, フランス

Original French-language productions :

不明

製作国 :

ごく一部フランス (イタリア, ドイツ, フランス)

製作年 :

1982

フランス公開 :

18/05/1983

上映時間 :

1 時間 46 分

経過状況 :

公開済み

ニュメロ·デ Visa :

56466

ビザ発行日 :

01/06/1983

CNC助成 :

不明

生産のフォーマット :

35ミリ

カラータイプ :

カラー

画面セット :

1.85

Audio format :

モノラル

Posters (4)

監督

映画祭でのセレクション

Cannes International Film Festival - 1983

Cannes International Film Festival (フランス, 1983)

Selection

Official Competition

受賞