このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
野良犬たちの掟

野良犬たちの掟

A 長編映画 by Michele Placido

Release in France : 22/03/2006

    あらすじ

    ローマ、1970年代。共産党の黄金時代、けれどもそれだけではなかった。ちょっとした犯罪を犯す一味が少しずつイタリアの首都で幅を利かせ始めていた。彼らは3人:通称レバノン人、それからフレドとダンディ。裕福なブルジョワを誘拐したことが彼らの犯罪の始まりだった。身代金はヘロインの密売に投資された。マフィアと手を組んで、この一味は急速に密売の世界を完全に掌握し、国の汚い仕事を割り当てられた公務員の保護といった幾つかのサービスも行う様になっていった。テロとの闘争に集中していたので、機動隊はこの若いごろつきの悪影響の可能性を過小評価していた。売春婦でダンディのが夢中になっているパトリッツィアとの曖昧な関係を当てにしていて、ダンディ達が失敗すればと思っていたソシアロイア警視を除いては・・。この男の苦労はまだまだ続く。けれどもこの一味たちにとってもそれは同じだった。栄光の後の衰退・・。

    俳優 (7)

    映画製作・配給会社 (4)

    共同製作 :

    Babe Productions

    Film exports/foreign sales :

    TF1 Studio (ex-TF1 International)

    海外製作作品 :

    Cattleya

    フランス国内配給 :

    Warner Bros. (France)

    興行成績:総合

    興行成績:タイムライン

    International releases (14)

    映画配給会社バイヤー劇場公開日

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    Photos (4)

    クレジットタイトル詳細 (9)

    原作者 :

    Giancarlo Cataldo (de)

    フォトディレクター :

    Luca Bigazzi

    報道担当(映画) :

    Carole Chomand

    Production Designer :

    Paola Comencini

    Costume designer :

    Nicoletta Taranta

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    ドラマ

    言語 :

    イタリア語

    出身 :

    フランス, イタリア, イギリス

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    ごく一部フランス (フランス, イタリア, イギリス)

    製作年 :

    2005

    フランス公開 :

    22/03/2006

    上映時間 :

    2 時間 28 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    111.747

    ビザ発行日 :

    28/02/2006

    CNC助成 :

    はい

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー

    画面セット :

    スコープ

    Audio format :

    ドルビーSRD

    禁止 :

    12歳未満