このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
Maria Bethania / 仮題:マリア・ベターニャ

Maria Bethania / 仮題:マリア・ベターニャ

A 長編映画 by Georges Gachot

Produced by Idéale Audience

Release in France : 01/03/2006

    あらすじ

    リオのグレタ・ガルボことマリア・ベターニャは、反体制文化の影の女王、ディーバ、ブラジル音楽のカルト的な人物です。彼女は古い、黒人ブラジルの伝統の継承者である。「マリアは並外れた個性の持ち主だ。」と彼の兄、カエタノ・ヴェロソは語る。ボサノバが全然もたなかったドラマティックな一面が彼女には必要だったのだ。それで彼女はボサノバより前のサンバや、情熱的な愛やノーデストの田舎の生活についてサンバを変えた新しい歌を歌っている。

    Videos (3)

    映画製作・配給会社 (2)

    製作代表 :

    Idéale Audience

    フランス国内配給 :

    Les Films du Paradoxe

    興行成績:総合

    興行成績:タイムライン

    International releases (2)

    映画配給会社バイヤー劇場公開日

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    Photos (2)

    クレジットタイトル詳細 (4)

    フォトディレクター :

    Matthias Kälin

    報道担当(映画) :

    François Vila

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    ドキュメンタリー

    テーマ :

    音楽

    言語 :

    ポルトガル語

    出身 :

    フランス, スイス

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    ごく一部フランス (フランス, スイス)

    製作年 :

    2005

    フランス公開 :

    01/03/2006

    上映時間 :

    1 時間 22 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    114.891

    ビザ発行日 :

    23/02/2006

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー

    Audio format :

    ドルビーDTS