このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
Quiero vivir / 仮題:キエロ ビビル

Quiero vivir / 仮題:キエロ ビビル

A 長編映画 by Muriel Brener

Release in France : 14/06/2006

    あらすじ

    ボリビア、この国のインド系の首相、エボ・モレラスの選挙の前。
    ミュリエル・ブレネールは世界でも最も大きいバラック街のひとつであるエル・アルトの通りで若いインド人達を数ヶ月に渡って撮影した。
    ユーゴ、デリア、ギュスタボ、そして彼らの仲間達は彼らの想像を絶するような状況を越え、困難を克服するための生活力と能力を持ち合わせていた。
    この映画はこの少年たちから届けられる寛容と希望の詰まった、真実のメッセージの使者となっている。

    映画製作・配給会社

    フランス国内配給 :

    Floris Films

    Photos (3)

    クレジットタイトル詳細 (7)

    Producer :

    Muriel Brener

    Sound recordist :

    Muriel Brener

    編集担当 :

    Patrick Zouzout

    サウンド・ミキサー :

    Jean-Christophe Caron

    Director of photography :

    Muriel Brener

    報道担当(映画) :

    Fabienne Ferreira-Barbosa

    作曲家 :

    Eric Kolo, La Flor Del Fango, Carlos Condori

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    ドキュメンタリー

    言語 :

    スペイン語

    その他の国の共同制作者 :

    フランス

    Original French-language productions :

    不明

    製作年 :

    2005

    フランス公開 :

    14/06/2006

    上映時間 :

    1 時間 20 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    114.945

    ビザ発行日 :

    14/06/2006

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー

    画面セット :

    4/3

    Audio format :

    ステレオ