このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
王手飛車取り

王手飛車取り

A 短編映画 by Jacques Rivette

Produced by Films de la Pléiade

製作年 : 1963

  • Contents

俳優 (7)

映画製作・配給会社

製作代表 :

Films de la Pléiade

あらすじ

クレール(ヴィルジニー・ヴィトリー)は愛人のクロード(ジャン=クロード・ブリアリ)に会いに行き、彼から毛皮のコートをプレゼントされる。そのコートを着るためには、夫のジャン(ジャック・ドニオール・ヴァルクローズ)にその存在を認めさせる術を見つけなければならい。クレールは駅の荷物預かり所にスーツケースを預け、その中にコートを入れておき、そのスーツケースを夫に取りに行かせることを考える。しかしジャンが駅に行くと、そのスーツケースにはウサギの皮しかないと言うではないか!? 実は、ジャンは、彼らを手玉に取ったのだ。クレールの妹ソランジュ(アンヌ・ドア)が、ジャン達の家でのちょっとしたパーティーにある晩訪れると、例のコートを着ているのではないか!

Source : institut.jp

Subject

本作は、ジャック・リヴェットが、1949年(昭和24年)以来3本の習作をかさねて、初めてプロフェッショナルのプロデューサー、ピエール・ブロンベルジェが製作に携わった、リヴェットの監督する短篇映画の第4作である。タイトルの「ル・クー・デュ・ベルジェ」(Le Coup du berger)とは、直訳すれば「羊飼いの一撃」を意味するチェス用語で、将棋の王手飛車に相当する。

脚本は、当時28歳のリヴェットのほか、同26歳のクロード・シャブロル、同25歳のシャルル・L・ビッチの3人で執筆した。シャブロルは本作が初の脚本執筆で、批評や小説は発表していたがまだ監督としてデビューしておらず、ラインプロデューサーも兼務した。L・ビッチは、リヴェットの前作『ル・ディヴェルティスマン』(1952年)で撮影監督をし、翌年にはフィリップ・ド・ブロカらとオムニバス映画で監督を経験しており、本作でも撮影監督を務めた。フレーミングはフランソワ・トリュフォーの幼少時からの友人で、当時26歳のロベール・ラシュネーで、製作面ではシャブロルの助手として、製作主任を務めた。編集は本作の前年にジュールス・ダッシン監督の『男の争い』(1955年)で編集技師ロジェ・ドヴィールの助手を務めた当時25歳のドニーズ・ド・カザビヤンカが、本作で技師としてデビューしている。助監督は、のちのストローブ=ユイレとして名高い当時23歳のジャン=マリー・ストローブである。どのパートも、『カイエ・デュ・シネマ』誌に批評を書き、それ以前はモーリス・シェレール(のちのエリック・ロメール)の主宰する「シネクラブ・デュ・カルティエ・ラタン」に集った仲間たちである。

主演陣は、ピエール=ルイ監督の『拘引状』(1953年)に顔を出している程度だったヴィルジニー・ヴィトリを抜擢、のちに撮影監督として大成したピエール・ロムの監督作『パリ・モン・コパン』のナレーションをした程度だった当時23歳のジャン=クロード・ブリアリもほとんど本作がデビュー、ジャン・ドラノワ監督の『首輪のない犬』(1955年)に出たばかりの当時19歳のアンヌ・ドアという、フレッシュな面々に加えて、前年に第16回ヴェネツィア国際映画祭審査員を務めた『カイエ・デュ・シネマ』共同創立者で当時36歳のジャック・ドニオル=ヴァルクローズが、「エチエンヌ・ロワノー」の変名で出演している。脇に存在感を出していたのは、トリュフォー、シャブロル、当時25歳のジャン=リュック・ゴダールの『カイエ』誌の面々であった。

Source : Wikipedia

---

新聞の三面記事からアイディアを得られ、その出来事のむき出しなまでの語り口はブールヴァール芝居のあら筋に似ているのだが、無慈悲なまでのユーモアと台詞の緻密な構成と濃密さ、作品の構造の厳密さが、突如、そうしたテーマを超えて迫ってくる。(…)私はこの映画を5回見て、その度に新しい理由でこの映画を好きになった。
(エリック・ロメール)

Source : institut.jp

Photos (3)

クレジットタイトル詳細 (8)

監督補佐 :

Jean-Marie Straub

Screenwriters :

Jacques Rivette, Charles Bitsch, Claude Chabrol

撮影技師アシスタント :

Robert Lachenay

作曲家 :

François Couperin

Producers :

Pierre Braunberger, Claude Chabrol

フォトディレクター :

Charles Bitsch

Editor :

Denise de Casabianca

ナレーター :

Jacques Rivette

技術面詳細

短編映画

ジャンル :

フィクション

サブジャンル :

コメディー

テーマ :

カップル, 愛, 詐欺

言語 :

フランス語

その他の国の共同制作者 :

フランス

Original French-language productions :

不明

製作国 :

100%フランス (フランス)

製作年 :

1963

上映時間 :

29 分

ニュメロ·デ Visa :

18.663

生産のフォーマット :

35ミリ

カラータイプ :

白黒

画面セット :

1.33

Audio format :

モノラル

禁止 :

なし