このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
Jour apres jour / 仮題:来る日も来る日も

Jour apres jour / 仮題:来る日も来る日も

A 長編映画 by Jean-Paul Fargier, Jean-Daniel Pollet

Produced by Agat Films & Cie / Ex Nihilo

Release in France : 21/02/2007

    あらすじ

    彼は彼の家のように「動かない」世界に住んでいる。ひどい事故が彼をそこに閉じ込めてしまった:大きな庭の真ん中にある家。彼はもう世界を駆け回ることはできない:彼は来る日も来る日もその家から世の中を見つめていた。
    彼は映画監督。映画を撮ることのためだけに生きてきた。全ての状況に対して、向けていつも一つでも多く、と。彼は結合、並置、継続によって生み出されるあらゆる彼の固定したイメージで作品を思い描いて行く。
    数えきれない運命の中で彼は世界の日常から離れ、来る日も来る日も、四季ごとに1年間見えるものを見つめてみる。
    来る日も来る日もはそのタイトルとなっている。一年がそこに流れる。それは世界の何百万年の中のごくちっぽけな一年。ある人生がそこに焼き付けられる。世界の何百万もの人生の中のあるちっぽけな人生。

    Videos

    俳優 (2)

    映画製作・配給会社 (3)

    製作代表 :

    Agat Films & Cie / Ex Nihilo

    フランス国内配給 :

    Pierre Grise Distribution

    Film exports/foreign sales :

    Wide

    Photos (8)

    クレジットタイトル詳細 (9)

    製作代表 :

    Marie Balducchi, Patrick Sobelman

    あてレコ :

    François Chattot

    録音技師 :

    Emmanuel Soland

    Editor :

    Sandra Paugam

    サウンド・ミキサー :

    Jean-Paul Loublie

    シナリオライター :

    Jean-Daniel Pollet

    フォトディレクター :

    Jean-Daniel Pollet

    報道担当(映画) :

    Agnès Chabot

    作曲家 :

    Antoine Duhamel

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    ドキュメンタリー

    言語 :

    フランス語

    その他の国の共同制作者 :

    フランス

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    100%フランス (フランス)

    製作年 :

    2006

    フランス公開 :

    21/02/2007

    上映時間 :

    1 時間 5 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    114.149

    ビザ発行日 :

    14/12/2006

    CNC助成 :

    はい

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー

    画面セット :

    1.85

    Audio format :

    ドルビーSRD