このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
Comment j'ai fete la fin du monde / 仮題:どうやって僕はこの世の終わりを祝うのか

Comment j'ai fete la fin du monde / 仮題:どうやって僕はこの世の終わりを祝うのか

A 長編映画 by Cătălin Mitulescu

Produced by Les Films Pelléas

Release in France : 30/08/2006

    あらすじ

    1989年、ブカレスト、チャウシェスクの独裁政権最後の年。17歳のエバは彼女の両親、彼女の7歳になる弟ララリルと一緒に住んでいた。
    ある日,学校でエバと彼女の恋人アレックスはチャウシェスクの胸像を謝って壊してしまう。彼らは学校の会議にかけられることになった。アレックスは党の幹部である彼の父によって難を免れたがエバは学校を退学処分になり更生施設に送られることになる。
    そこで彼女は反体制派の人物の息子、アンドレイと出会い、彼女は彼と一緒にドナウ川を越えてルーマニアから逃亡する決意をした。
    ララリルはチャウシェスクこそ彼の姉との別離の原因だとますます考えるようになり、彼の友人達とこの独裁者を殺すための計画を練ることにする。

    俳優 (12)

    映画製作・配給会社 (4)

    製作代表 :

    Les Films Pelléas

    Film exports/foreign sales :

    Pyramide International

    海外製作作品 :

    Strada Film

    フランス国内配給 :

    Pyramide Distribution

    興行成績:総合

    興行成績:タイムライン

    International releases (7)

    映画配給会社バイヤー劇場公開日

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    Photos (10)

    クレジットタイトル詳細 (9)

    製作代表 :

    Philippe Martin, David Thion

    フォトディレクター :

    Marius Panduru

    報道担当(映画) :

    Robert Schlockoff, Valérie Chabrier

    Sound editor :

    Claire-Anne Largeron

    作曲家 :

    Alexander Balanescu

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    言語 :

    ルーマニア語

    出身 :

    フランス, ルーマニア

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    ごく一部フランス (フランス, ルーマニア)

    製作年 :

    2005

    フランス公開 :

    30/08/2006

    上映時間 :

    1 時間 46 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    113.434

    ビザ発行日 :

    27/07/2006

    CNC助成 :

    はい

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー

    画面セット :

    1.85

    Audio format :

    ドルビーSRD