このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
Vive la baleine

Vive la baleine

A 短編映画 by Mario Ruspoli, Chris Marker

Produced by Argos Films

製作年 : 1972

    あらすじ

    Whales were originally an essential means of survival for a certain section of humanity. Then industrialisation came along, and with it big investors. Whale hunting subsequently became a money-making enterprise: the slaughter could commence. Such is the tale told in this simple and unembellished documentary.

    映画製作・配給会社 (2)

    製作代表 :

    Argos Films

    Film exports/foreign sales :

    Argos Films

    Photos

    クレジットタイトル詳細 (8)

    製作代表 :

    Anatole Dauman, Philippe Lifschitz

    あてレコ :

    Casamayor , Valérie Mayoux

    録音技師 :

    Chris Marker

    評論家 :

    Chris Marker

    シナリオライター :

    Mario Ruspoli

    フォトディレクター :

    Michel Boschet

    Editors :

    Chris Marker, Danièle Tessier

    作曲家 :

    Lalan Van Thienen

    技術面詳細

    短編映画

    ジャンル :

    ドキュメンタリー

    テーマ :

    自然, 環境, 海

    言語 :

    フランス語

    その他の国の共同制作者 :

    フランス

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    100%フランス (フランス)

    製作年 :

    1972

    上映時間 :

    17 分

    ニュメロ·デ Visa :

    40.427

    ビザ発行日 :

    15/01/1973

    生産のフォーマット :

    16ミリ

    カラータイプ :

    カラー

    画面セット :

    1.37

    Audio format :

    モノラル

    禁止 :

    なし