このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
パリ

パリ

A 長編映画 by Cédric Klapisch

Produced by Ce Qui Me Meut

Release in France : 20/02/2008

    あらすじ

    心 臓病で余命わずかと告げられた元ダンサーのピエール(ロマン・デュリス)。移植提供者を待つ日々を送る彼を案じ、姉のエリーズ(ジュリエット・ビノシュ) は同居を始める。3人の子供を育てるために働き、人生を楽しむことを諦めた姉に“生きているんだ。人生を謳歌しなければ”とピエールは告げる。今の彼に とって、一番の楽しみは自宅のベランダからパリの街を行き交う人々を眺めることだった。向かいに住む美しいソルボンヌの大学生レティシアは、“君は美し い”と書かれた匿名のメールを受け取る。彼女は、メールの送信者が大学で講義を受けていた歴史学者のロラン(ファブリス・ルキーニ)からだと知り腹を立て るが、彼を受け入れ関係を持つ。ロランの弟フィリップ(フランソワ・クリュゼ)は建築家として活躍し、間もなく子供も生まれる。自分では幸せな人生だと 思っていたが、兄から“お前はあまりにも普通すぎる”と言われ悩んでいる。ピエールが通うパン屋の女主人(カリン・ヴィアール)はいつも文句ばかり。ジャ ン(アルベール・デュポンテル)とカロリーヌ(ジュリー・フェリエ)は、離婚した元夫婦。今でも同じ市場で働き、それぞれに新しい出会いを見つけるが、お 互いのことをまだ気にしている。華やかなファッション業界で気楽な毎日を謳歌するマルジョレーヌ(オドレ・マルネ)。遥か彼方のカメルーンでは、マルジョ レーヌとの再会を夢見るブノワ(キングズリー・クム・アバン)が、パリへの不法入国を計画していた。パリという街の中で、接点のない人々が静かに交差す る。それを垣間見ていたピエールにとって、彼らの日常が突如として意味を持ち始める。様々な哀しみや喜び。たとえそれが些細な問題であっても、それが本人 にとっては世界で一番重要な事だということに気づく。姉に別れを告げ、最期の場所になるかもしれない病院へと向かう途中、ピエールはパリの街と人々を愛し く感じるのだった。

    Videos

    21/10/2014

    パリ

    Trailer English Subs

    俳優 (40)

    映画製作・配給会社 (4)

    製作代表 :

    Ce Qui Me Meut

    Film exports/foreign sales :

    STUDIOCANAL

    Co-productions :

    STUDIOCANAL, France 2 Cinéma

    フランス国内配給 :

    Mars Films

    興行成績:総合

    興行成績:タイムライン

    International releases (43)

    映画配給会社バイヤー劇場公開日

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    Photos (8)

    クレジットタイトル詳細 (17)

    製作代表 :

    Bruno Lévy

    フォトディレクター :

    Christophe Beaucarne

    Sound assistants :

    Ronald Magaut, Pierre Picq, François Piednoir

    報道担当(映画) :

    Dominique Segall, Astrid Gavard

    音声編集担当 :

    Philippe Heissler

    スクリプト :

    Chloé Rudolf

    作曲家 :

    Christophe Minck, Loïk Dury

    Costume designer :

    Anne Schotte

    スチールマン :

    Roger Arpajou

    監督補佐 :

    Euric Allaire

    録音技師 :

    Cyril Moisson

    製作部長 :

    Jacques Royer

    Editor :

    Francine Sandberg

    Assistant editor :

    Tuong-Vi Nguyen Long

    Production Designer :

    Marie Cheminal

    キャスティング :

    Nadia Nataf, Jeanne Millet

    サウンド・ミキサー :

    Cyril Holtz

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    人生ドラマ

    言語 :

    フランス語

    その他の国の共同制作者 :

    フランス

    Original French-language productions :

    はい

    製作国 :

    100%フランス (フランス)

    製作年 :

    2007

    フランス公開 :

    20/02/2008

    上映時間 :

    2 時間 10 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    114.879

    ビザ発行日 :

    28/01/2008

    CNC助成 :

    はい

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー

    画面セット :

    スコープ

    Audio format :

    ドルビーSRD

    禁止 :

    なし

    Posters (8)

    監督

    ニュース (23)

    映画祭でのセレクション (25)

    French Film Festival in China - 2009

    French Film Festival in China (中国, 2009)

    Selection

    French feature films selected (out of competition)

    セザール賞(フランス映画) - 2009

    セザール賞(フランス映画) (フランス, 2009)

    Selection (3)

    Best Editing : Francine Sandberg

    Best Film : Cédric Klapisch

    Best Supporting Actress : Karin Viard

    Shanghai - International Film Festival - 2008

    Shanghai - International Film Festival (中国, 2008)

    Selection

    公式コンペティション

    Festival du Film français en Israël  - 2008

    Festival du Film français en Israël (イスラエル, 2008)

    Selection

    公式セレクション

    代表団 (9)

    プレスキット (2)