このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
Any Man's Woman

Any Man's Woman

A 長編映画 by Charles Brabant

Produced by Globe Omnium Films (GOF)

Release in France : 25/06/1958

    あらすじ

    Fugitive from justice falls in love with young widow whose lecherous father-in- law discovers the identity of the newcomer and uses it to blackmail the girl to love him. She murders him but it is the fugitive who is arrested for the crime he did not commit.

    俳優 (8)

    映画製作・配給会社 (4)

    製作代表 :

    Globe Omnium Films (GOF)

    Film exports/foreign sales :

    Editions René Château

    海外製作作品 :

    Electra Compagnia Cinematografica

    フランス国内配給 :

    Globe Omnium Films (GOF)

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    クレジットタイトル詳細 (14)

    製作代表 :

    Pierre Audouy

    せりふ作者 :

    Roland Laudenbach

    Screenwriters :

    Jacques Marcerou, André Tabet

    録音技師 :

    Jean Bertrand

    Editor :

    Huguette Brabant

    装飾 :

    Jacques Paris

    スチールマン :

    Jacques Boutinot

    監督補佐 :

    Jean-Charles Lagneau

    原作者 :

    Jacques Marcerou

    フォトディレクター :

    Edmond Séchan

    撮影技師 :

    Ghislain Cloquet

    スクリプト :

    Alice Ziller

    作曲家 :

    Alain Goraguer

    演出助手 :

    Eugène Nase

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    ドラマ

    言語 :

    フランス語

    出身 :

    フランス, イタリア

    Original French-language productions :

    不明

    製作年 :

    1958

    フランス公開 :

    25/06/1958

    上映時間 :

    1 時間 38 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    20033

    ビザ発行日 :

    01/01/1957

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    白黒

    画面セット :

    1.85

    Audio format :

    モノラル