このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
仮題:母親が出て行くだけで十分

仮題:母親が出て行くだけで十分

A 長編映画 by René Féret

Produced by Les Films Alyne

Release in France : 14/02/2007

    あらすじ

    リムーザン地方で設計監督者をしているオリビエは、時間の感覚を失っていて、彼よりも若い妻に会うこともせず、ついには出て行ってしまう始末。途方にくれ、怒り、そして傷つき、彼は彼の小さな娘、レアの養育権を要求する。
    裁判官はこの小さな娘を今までの環境に置くように判断を下す。大きな家で、彼はどうしていいかはっきりとは分からないままおてんばな小さな娘と2人で暮らすことになる。
    60代に差し掛かって、彼は知る、彼と彼の娘の間に築かれる関係がどんなに大切なものなのかを理解することになる。仕事、生活、彼の最初の娘(成人していて子供ももうけている)、全てのこととの関わりが全部変化することになる。レアはと言えば、激しくみんなを愛していて、でも彼の心を決して開くことのない父親を少しずつ評価していく。

    俳優 (14)

    映画製作・配給会社 (4)

    製作代表 :

    Les Films Alyne

    Film exports/foreign sales :

    Wide

    Photos (10)

    クレジットタイトル詳細 (13)

    製作代表 :

    René Féret, Fabienne Camara

    Producers :

    René Féret, Fabienne Camara

    フォトディレクター :

    Stephan Massis

    音声アシスタント :

    Franck Flies

    Editor :

    Fabienne Camara

    Costume designer :

    Gwendoline Vervel

    演出助手 :

    Aymeric Duperray

    Assistant directors :

    Julien Féret, Aymeric Villeneuve, Sonia Saurin

    シナリオライター :

    René Féret

    Sound recordists :

    Christine Charpail, Éric Boisteau

    報道担当(映画) :

    Laurette Monconduit, Jean-Marc Feytout

    Continuity supervisors :

    Tania Boisset, Marie-Laure Van Glabeke

    サウンド・ミキサー :

    Emmanuel Croset

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    人生ドラマ

    言語 :

    フランス語

    その他の国の共同制作者 :

    フランス

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    100%フランス (フランス)

    製作年 :

    2006

    フランス公開 :

    14/02/2007

    上映時間 :

    1 時間 32 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    113.518

    ビザ発行日 :

    20/02/2007

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー

    画面セット :

    1.85

    Audio format :

    ドルビーSR