このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
愛されすぎて

愛されすぎて

A 長編映画 by Jacques Doillon

Produced by Les Films Alain Sarde

Release in France : 12/02/1992

    あらすじ

    ジャーナリストのマリー(シャルロット・ゲンズブール)には同じ年頃のアントワーヌ(トマ・ラングマン)という恋人がいるが、インタビューの仕事で 出会った映画監督ポール(イヴァン・アタル)に心を奪われてしまう。アントワーヌはマリーからポールとの出会いを素直に告白され、すっかり疑心暗鬼に。再 三のポールからのアプローチと、ジェラシーで自棄を起こしているアントワーヌの間で彼女の心は乱れるが、結局ポールとアントワーヌはマリーを中心にして親 しくなった。そしてマリーはアントワーヌの方を選ぶのだった。

    Source : movie.goo.ne.jp

    俳優 (8)

    映画製作・配給会社 (3)

    製作代表 :

    Les Films Alain Sarde

    フランス国内配給 :

    AMLF

    共同製作 :

    Films A2

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    Subject

    以前ほどコテコテじゃない「ピストルと少年」以降のドワイヨン。この、「恋のエチュード」のH=P・ロシェのメモを元に彼自身が脚本を書いた作品も、中性的魅力のシャルロットのお蔭で、結構ガツガツな愛の話がさらりと仕上がっている。今回の“ガツガツ”担当は彼女の恋人役の、眉毛も濃くっていかにもケモノ臭いT・ラングマン。彼が、映画監督のY・アタルと出会い取材を受けたシャルロットに嫉妬してもう大変な剣幕。それで逆に彼女が“もっと自由に人を愛したい”とか思ってアタルの方に傾いてしまうワケ。信頼って大切ね。で、そこからがさすが三角関係の魔術師ロシェ原案だけあり、ふた波乱くらいあるのですが、それは内緒。台詞に、ちょうど本作クランク・イン前に死去したシャルロットの実父セルジュ・ゲンズブールへの想いが即興で取り入れられてたり、自然なスタンスで作られた好篇です。

    Source : allcinema.net

    クレジットタイトル詳細 (17)

    Assistant directors :

    Etienne Albrecht, Frédéric Jardin

    Line producer :

    Christine Gozlan

    録音技師 :

    Jean-Claude Laureux

    Editor :

    Catherine Quesemand

    スクリプト :

    Kate Barry

    美術アシスタント :

    Franck Monseigny

    建設部門マネージャー :

    Guy-Auguste Boléat

    撮影技師 :

    Christophe Pollock

    Location managers :

    Fabrice Jahan De Lestang, Anne Michaud, Xavier Parisot

    プロデューサー :

    Alain Sarde

    シナリオライター :

    Jacques Doillon

    報道担当(映画) :

    Danielle Gain

    Assistant editor :

    Élisabeth Legrand

    装飾 :

    Yan Arlaud

    キャスティング :

    Pierre Amzallag

    Chief Lighting Technicians :

    Christian Magis, gérard Besner

    スチールマン :

    Hélène Bamberger

    技術面詳細

    長編映画

    言語 :

    フランス語

    その他の国の共同制作者 :

    フランス

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    100%フランス (フランス)

    製作年 :

    1992

    フランス公開 :

    12/02/1992

    上映時間 :

    1 時間 40 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    76 778

    ビザ発行日 :

    02/03/1992

    CNC助成 :

    不明

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー

    Audio format :

    モノラル