このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]

La Maladie silencieuse

A 短編映画 by Martine Lancelot

Produced by Leitmotiv Production

製作年 : 2006

    あらすじ

    Upon returning from a three-month trip to Africa, I learned that I’d caught hepatitis C. More than a year of intensive treatment lay ahead of me. How was I going to live through the months ahead? Right from the first day of my dual therapy, I started keeping a diary. I took photos. Then, one day, I got hold of a camera. Filming was a practical response to my state of fatigue and feeling of imprisonment. I felt that shooting a film would help me to endure the treatment. There was a desire to keep on living. And then, a camera would take me outside to capture other images. It was an opportunity to have a third therapy within my reach.

    映画製作・配給会社

    製作代表 :

    Leitmotiv Production

    クレジットタイトル詳細 (8)

    製作代表 :

    Jérôme Amimer

    オフレコ :

    Martine Lancelot

    Sound recordist :

    Josefina Rodriguez

    Sound editor :

    Laure Budin

    Screenwriter :

    Martine Lancelot

    Director of photography :

    Martine Lancelot

    Editor :

    Laure Budin

    サウンド・ミキサー :

    Patrick Raymond

    技術面詳細

    短編映画

    ジャンル :

    ドキュメンタリー

    テーマ :

    医学, アイデンティティ

    言語 :

    フランス語

    その他の国の共同制作者 :

    フランス

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    100%フランス (フランス)

    製作年 :

    2006

    上映時間 :

    52 分

    ニュメロ·デ Visa :

    117.221

    ビザ発行日 :

    15/05/2007

    生産のフォーマット :

    ミニDV

    画面セット :

    4/3

    Audio format :

    モノラル

    禁止 :

    なし