このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]

Et la vie continue

A 短編映画 by Jacqueline Gozland

Produced by Les Films de la Passion

製作年 : 2002

    あらすじ

    Through the testimony of people who have undertaken to look after their elderly parents, this film attempts to show how offspring experience ageing and their parents’ physical and psychic dependency, and how this dependency affects family relations. It takes a look at the support that care-givers of Alzheimer’s sufferers may find in talk groups. The film also looks at the psychological repercussions for care-givers who look after their parents until their death.

    映画製作・配給会社

    クレジットタイトル詳細 (7)

    製作代表 :

    Béatrice Jalbert

    Director of photography :

    Dominique Le Rigoleur

    Editor :

    Marie-Jo Audiard

    音楽編曲 :

    Eléni Karaïndrou

    Screenwriter :

    Jacqueline Gozland

    録音技師 :

    Jérôme Ayasse

    サウンド・ミキサー :

    Frédéric Bielle

    技術面詳細

    短編映画

    ジャンル :

    ドキュメンタリー

    テーマ :

    家族, 老い

    言語 :

    フランス語

    その他の国の共同制作者 :

    フランス

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    100%フランス (フランス)

    製作年 :

    2002

    上映時間 :

    52 分

    生産のフォーマット :

    ベータSP

    カラータイプ :

    カラー

    画面セット :

    4/3

    Audio format :

    モノラル

    禁止 :

    なし