このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
サガン 悲しみよこんにちは

サガン 悲しみよこんにちは

A 長編映画 by Diane Kurys

Produced by Alexandre Films

Release in France : 11/06/2008

    あらすじ

    1954 年、18歳のフランソワーズ・コワレーズ(シルヴィー・テステュー)は、“サガン”のペンネームで『悲しみよ こんにちは』を出版する。小説は賛否両論を 巻き起こしてベストセラーとなり、批評家賞を受賞する。サガンは生涯の友となる作家のベルナール・フランク(ライオネル・アベランスキ)とダンサーの ジャック・シャゾ(ピエール・パルマド)と出会い、学生時代からの親友フロランス・マルロー(マルゴ・アバスカル)を加えた4人で、夜ごとパーティに繰り 出す。ドーヴィルでバカンスを送っていたサガンはカジノで800万フランを稼ぎ、借りていた別荘を衝動買いする。アメリカでも彼女の人気は広まり、宣伝の ために訪れたニューヨークで、編集者のギイ・シュレール(ドゥニ・ポダリデス)と恋に落ちる。第2作『ある微笑』も、批判されながらもベストセラーとな り、サガンは有り余る金を放埓な遊びに注ぎ込む。サガンは3作目を執筆するため、取り巻きと別荘に滞在する。そこで兄に作品を酷評され傷ついた彼女は、車 のスピードを出しすぎて事故を起こす。危篤と診断されるも奇跡的に回復するが、治療用に使われたモルヒネへの依存に苦しめられる。数ヶ月の入院を経てサガ ンはギイと結婚するが、すれ違いの末、ギイは若い愛人をつくる。離婚後、『ブラームスはお好き』を出版する。アメリカ人アーティストのボブ・ウェストホフ と恋に落ち、妊娠を機に結婚する。息子ドニを生むが、この結婚も長くは続かなかった。サガンは、旧友ペギー・ロッシュ(ジャンヌ・バリバール)と再会す る。2人は意気投合し、同居を始める。取り巻きたちの生活も支えるサガンは莫大な金額の税金を滞納し、破産寸前の事態に陥る。競走馬への投資でその場を凌 ぐが、不本意な仕事も受けざるを得なくなっていく。さらに不運は続く。優しかった父が急死し、自身もコロンビアで高山病にかかり生死をさまよい、コカイン の使用・所持で有罪判決を受ける。そしてペギーが不治の病に侵される。

    俳優 (49)

    映画製作・配給会社 (3)

    製作代表 :

    Alexandre Films

    フランス国内配給 :

    EuropaCorp Distribution

    Film exports/foreign sales :

    EuropaCorp

    興行成績:総合

    興行成績:タイムライン

    International releases (16)

    映画配給会社バイヤー劇場公開日

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    Photos (6)

    クレジットタイトル詳細 (16)

    製作代表 :

    Diane Kurys

    Screenwriters :

    Diane Kurys, Martine Moriconi, Claire Lemaréchal

    Sound recordists :

    Dominique Levert, Guillaume Bouchateau, Christian Fontaine

    報道担当(映画) :

    Dominique Segall

    Assistant editor :

    Lucile Sautarel

    Production Designer :

    Alexandra Lassen

    キャスティング :

    Gérard Moulevrier

    美術部長 :

    Maxime Rebière

    Assistant directors :

    Hugo Gélin, Louna Morard

    フォトディレクター :

    Michel Abramowicz

    撮影技師アシスタント :

    Julien Bureau , Isabelle Dumas, Charlotte Vitroly

    Editor :

    Sylvie Gadmer

    スクリプト :

    Claudine Taulère

    作曲家 :

    Armand Amar

    Costume designer :

    Nathalie du Roscoat

    サウンド・ミキサー :

    Carl Goetgheluck

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    人物描写

    言語 :

    フランス語

    その他の国の共同制作者 :

    フランス

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    100%フランス (フランス)

    製作年 :

    2007

    フランス公開 :

    11/06/2008

    上映時間 :

    1 時間 57 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    119.342

    ビザ発行日 :

    02/06/2008

    CNC助成 :

    はい

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー

    画面セット :

    1.85

    Audio format :

    ドルビーSRD

    禁止 :

    なし