このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
Gerboise bleue

Gerboise bleue

A 長編映画 by Djamel Ouahab

Produced by Kalame Films

Release in France : 11/02/2009

    あらすじ

    Gerboise Bleue tells the story of French veterans and Algerian Tuaregs who were victims of the first French atomic tests in the Sahara carried out between 1960 and 1966.

    For the first time, the last remaining survivors recount their struggle to achieve official recognition that the exposure to the tests resulted in illnesses, and reveal the conditions in which these tests really took place.

    For the first time, I went to Gerboise Bleue’s ground zero, the first French atomic bomb test in the air four times superior to the bomb dropped on Hiroshima, where access has been forbidden for 47 years by the Algerian authorities.

    映画製作・配給会社 (2)

    製作代表 :

    Kalame Films

    フランス国内配給 :

    Shellac

    Photos (2)

    クレジットタイトル詳細 (9)

    Assistant director :

    Marie Emery

    フォトディレクター :

    Djamel Ouahab

    報道担当(映画) :

    Stanislas Baudry

    音声編集担当 :

    Marc Nouyrigat

    サウンド・ミキサー :

    Frédéric Théry

    シナリオライター :

    Djamel Ouahab

    製作部長 :

    Sadek Djermoune

    編集担当 :

    Djamel Ouahab

    作曲家 :

    Hugues Tabar-Nouval

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    ドキュメンタリー

    その他の国の共同制作者 :

    フランス

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    100%フランス (フランス)

    製作年 :

    2008

    フランス公開 :

    11/02/2009

    上映時間 :

    1 時間 30 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    119.652

    ビザ発行日 :

    20/01/2009

    CNC助成 :

    はい

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー

    画面セット :

    1.85

    Audio format :

    ドルビーSRD

    禁止 :

    なし

    Posters (1)

    監督

    映画祭でのセレクション (2)

    プレスキット

    Website