このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
Being W - Dans la peau de George Bush

Being W - Dans la peau de George Bush

A 長編映画 by Karl Zéro, Michel Royer

Produced by Société Secrète

Release in France : 08/10/2008

    あらすじ

    An unauthorized autobiography of one of the United States' most controversial presidents.

    The time for the final assessment (globally considered to be disastrous) has come. Karl Zéro and Michel Royer offer Dubya the possibility of explaining and defending himself, thanks to the talents of impersonator Jim Meskimen.

    And W finally reveals the real truth about himself.

    Zéro and Royer didn't write this incredible plot: it is a true and terrifying story, in which all we inhabitants of the planet are the most unwillling heroes.

    映画製作・配給会社 (3)

    製作代表 :

    Société Secrète

    フランス国内配給 :

    EuropaCorp Distribution

    Film exports/foreign sales :

    EuropaCorp

    Photos (6)

    クレジットタイトル詳細 (7)

    製作代表 :

    Karl Zéro

    オフレコ :

    Jim Meskimen

    編集担当 :

    Pierre Haberer

    Sound mixers :

    Fabrice Chantôme, Cristinel Sirli

    Screenwriters :

    Michel Royer, Karl Zéro

    報道担当(映画) :

    Astrid Gavard, Anne-So Aparis

    作曲家 :

    Laurent Levesque

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    ドキュメンタリー

    その他の国の共同制作者 :

    フランス

    Original French-language productions :

    不明

    製作年 :

    2008

    フランス公開 :

    08/10/2008

    上映時間 :

    1 時間 31 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    119.760

    ビザ発行日 :

    25/07/2008

    CNC助成 :

    カラータイプ :

    カラー

    禁止 :

    なし