このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]

A Virus in the City

A 長編映画 by Cédric Venail

Produced by Atopic, Huckleberry Films

製作年 : 2008

    あらすじ

    At the beginning of the 1990s, the French-Israeli artist Absalon conceived a "life project"  that was radically different from the usual aspirations individuals may harbor for a better life. To get his project underway, he built six small Cells, six individual houses destined for the world's big cities:  Paris, Zurich, New York, Tel-Aviv, Frankfort, Tokyo... Since Absalon's death, his Cells can be found in international museums where they no longer demonstrate their purpose, or their effect.  While listening to Absalon explain his project during a slideshow in 1993, the film presents his houses and their locations. But what has happened since then? What remains of his project today? Between memories and projections, I wanted to see for myself. I found A Virus in the City. - Cédric Venail

    映画製作・配給会社

    製作代表 :

    Atopic, Huckleberry Films

    クレジットタイトル詳細 (8)

    製作代表 :

    Cédric Venail

    シナリオライター :

    Cédric Venail

    Sound recordists :

    Marc Parazon, Sandrine Bardet Beeri

    音声編集担当 :

    François Gueurce

    監督補佐 :

    Benjamin Papin

    Directors of Photography :

    Simon Beaufils, Laurent Desmet

    Editors :

    Cédric Venail, Cédric Putaggio

    サウンド・ミキサー :

    Édouard Morin

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    ドキュメンタリー

    言語 :

    フランス語

    その他の国の共同制作者 :

    フランス

    Original French-language productions :

    不明

    製作年 :

    2008

    フランス公開 :

    上映時間 :

    1 時間 20 分

    経過状況 :

    近日公開

    CNC助成 :

    生産のフォーマット :

    スーパー16 - DV-CAM

    カラータイプ :

    カラー

    画面セット :

    1.77