このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
Last Supper

Last Supper

A 短編映画 by Arno Bouchard

製作年 : 2008

    あらすじ

    A man enters a mysterious place inhabited by women. By making love with one of them, he changes sex and in turn becomes a woman. He hence becomes capable of bearing children and therefore attaining the possibility of creation. He will be judged, not for what he is, but for what he'll become: God.

    Meanwhile, a woman, by being impregnated, becomes two. She becomes a woman. She becomes a mother. She becomes mortal. By becoming pregnant, she limits the boundaries of her freedom. Hence she refuses to bear this child in order to remain free. This act has nothing to do with humanism aiming to refuse life to a child in a condemned world. It is the expression of the most profound egoism. An ultimate form of protection.

    俳優 (24)

    Photos

    クレジットタイトル詳細 (8)

    Screenwriters :

    Arno Bouchard, David Gil

    編集担当 :

    Ivan Winogradsky

    スクリプト :

    Marie Prual

    作曲家 :

    John Zorn

    フォトディレクター :

    Dan Salzmann

    音声編集担当 :

    Sylvain Rety

    Production Designers :

    Valérie Vais, Arilès Hamitouche

    Costume designer :

    Mélanie Clémençon

    技術面詳細

    短編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    実験 , ビデオアート

    テーマ :

    自由, 哲学

    言語 :

    セリフなし

    その他の国の共同制作者 :

    フランス

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    100%フランス (フランス)

    製作年 :

    2008

    上映時間 :

    29 分

    ニュメロ·デ Visa :

    123.243

    ビザ発行日 :

    22/10/2009

    生産のフォーマット :

    スーパー8

    カラータイプ :

    カラー

    画面セット :

    4/3

    Audio format :

    ステレオ

    禁止 :

    なし

    監督