このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]

Nothing Vanishes

A 短編映画 by Laetitia Mikles

Produced by Zeugma Films

製作年 : 2008

    あらすじ

    Three presents. Three moments of confidence around cinema. In the course of these three meetings, the Japanese director Naomi Kawaze (Grand Prix of the Cannes film festival in 2007) reveals the sensitive and vital link which binds him to the cinema. This intimate questioning reveals the universe of the film-maker. It also questions our own relationship to the world, the fragility of what surrounds us, the flight of time and all which, nevertheless, tears away from the oversight.

    映画製作・配給会社 (2)

    製作代表 :

    Zeugma Films

    Film exports/foreign sales :

    Zeugma Films

    クレジットタイトル詳細 (7)

    製作代表 :

    Michel David

    Director of photography :

    Laetitia Mikles

    製作部長 :

    Michel David

    Sound editor :

    Claire Mélanie Sinnuhuber

    Screenwriter :

    Laetitia Mikles

    録音技師 :

    Victor Pereira

    Editor :

    Marie-Pierre Frappier

    技術面詳細

    短編映画

    ジャンル :

    ドキュメンタリー

    サブジャンル :

    創作ドキュメンタリー, 人物描写

    テーマ :

    シネマ

    言語 :

    フランス語, 日本語

    その他の国の共同制作者 :

    フランス

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    100%フランス (フランス)

    製作年 :

    2008

    上映時間 :

    52 分

    生産のフォーマット :

    DV-CAM

    カラータイプ :

    カラー

    画面セット :

    4/3

    禁止 :

    なし