このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
Lettre à la prison

Lettre à la prison

A 長編映画 by Marc Scialom

Produced by Film Flamme

Release in France : 02/12/2009

    あらすじ

    In 1970, a young Tunisian arrives in France for the first time in his life. He's been sent by his family to help his older brother, who has been wrongly accused of a murder and jailed in Paris. He stops first in Marseilles, where he crosses paths with Tunisians who are strangely different from those in Tunisia, and with French people who seem enigmatic. He finds the general atmosphere rather troubling, enough for him to slowly doubt things he was once sure about, namely his brother's innocence, his own innocence, and his own mental state.

    Made in 1969, neglected, forgotten, and then rediscovered 40 years later, this film is an unparalleled account of the history of immigration in France. A fiction film that has all the appearance of documentary, made by an emigrant (exile) between Tunisia and France.

    俳優 (5)

    映画製作・配給会社 (3)

    製作代表 :

    Film Flamme

    フランス国内通信社 :

    Makna Presse

    フランス国内配給 :

    Shellac

    Photos (5)

    クレジットタイトル詳細 (4)

    シナリオライター :

    Marc Scialom

    編集担当 :

    Marc Scialom

    フォトディレクター :

    Marc Scialom

    Sound mixers :

    Gaëlle Vu, Frédéric Bielle

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    ドラマ

    言語 :

    フランス語

    その他の国の共同制作者 :

    フランス

    Original French-language productions :

    不明

    製作年 :

    1969

    フランス公開 :

    02/12/2009

    上映時間 :

    1 時間 10 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    122.863

    ビザ発行日 :

    10/04/2009

    CNC助成 :

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー

    画面セット :

    1.37

    Audio format :

    ドルビーDTS

    禁止 :

    なし