このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]

Le Jour où Ségolène a gagné

A 短編映画 by Nicolas Pariser

Produced by Caïmans Productions

製作年 : 2008

    あらすじ

    May 6th, 2007: Alice, socialist activist, still believes in the chances of Ségolène Royal and decides to do all that is in her power to make the socialist candidate win. Regrettably, nothing goes as expected and Alice risks to have a very enlivened day.

    俳優 (4)

    映画製作・配給会社 (2)

    製作代表 :

    Caïmans Productions

    Film exports/foreign sales :

    Autour de Minuit

    クレジットタイトル詳細 (12)

    製作代表 :

    Jérôme Barthélemy, Daniel Sauvage

    フォトディレクター :

    Sébastien Buchmann

    Production manager :

    Pauline Rocher

    Sound editor :

    Esther Frey

    Production Designer :

    Stéphanie Fortunato

    Costume designer :

    Louise Robert

    シナリオライター :

    Nicolas Pariser

    Sound recordist :

    Marie-Clotilde Chéry

    編集担当 :

    Guillaume Lauras

    スクリプト :

    Shanti Masud

    作曲家 :

    Manuel Peskine

    サウンド・ミキサー :

    Grégoire Bourdeuil

    技術面詳細

    短編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    コメディー

    テーマ :

    政治, 社会

    言語 :

    フランス語

    その他の国の共同制作者 :

    フランス

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    100%フランス (フランス)

    製作年 :

    2008

    上映時間 :

    13 分

    ニュメロ·デ Visa :

    121.818

    ビザ発行日 :

    30/04/2009

    生産のフォーマット :

    スーパー16

    カラータイプ :

    カラー

    画面セット :

    1.85

    Audio format :

    ドルビーSR

    禁止 :

    なし