このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]

Peau d'ours, une lecture

A 短編映画 by Louise Traon

製作年 : 2009

    あらすじ

    It is as taken in the blow of wind, the gust, and that we look for a stone to pose on the papers which already fly away, to retain them, desperation. Everything flies away. I felt this blow of wind and I tried to gather these papers which risked to fly away. In search of Henri Calet, the me walks and gets lost in Paris. Calet is not the subject of the documentary, he is the documentary, the breath, the rhythm, the influence. The me walks with Calet. To find Calet, it is to adopt his glance.

    映画製作・配給会社

    共同製作 :

    Moviala Films

    クレジットタイトル詳細 (11)

    Producer :

    Louise Traon

    オフレコ :

    Louise Traon, Didier Henri

    Directors of Photography :

    Jacques Loiseleux, Basile Barniske

    Production managers :

    Louise Traon, Olivier Daunizeau

    音声編集担当 :

    Christophe Winding

    サウンド・ミキサー :

    Christophe Winding

    Screenwriter :

    Louise Traon

    共同製作 :

    Olivier Daunizeau

    録音技師 :

    Quentin Romanet

    Editors :

    Valérie Loiseleux, Louise Traon

    作曲家 :

    Isabelle Loiseleux

    技術面詳細

    短編映画

    ジャンル :

    ドキュメンタリー

    サブジャンル :

    創作ドキュメンタリー, 人物描写, 探求-実験

    テーマ :

    文学, 出会い, 死, 都市

    言語 :

    フランス語

    その他の国の共同制作者 :

    フランス

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    100%フランス (フランス)

    製作年 :

    2009

    上映時間 :

    43 分

    生産のフォーマット :

    HDV

    カラータイプ :

    カラー&白黒

    画面セット :

    16/9

    Audio format :

    ステレオ

    禁止 :

    なし