このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
本当に若い娘

本当に若い娘

A 長編映画 by Catherine Breillat

Produced by CB Films

Release in France : 07/06/2000

    あらすじ

    14 歳のアリス(シャルロット・アレクサンドラ)にとって、父親(ブルーノ・バルプ)と母親(リタ・メイデン)と過ごす夏休みは息のつまる日々。あてもなく町 をさまよう大人びた彼女の体に、男たちの熱い視線が向けられる。そんな中、魅惑的な青年ジム(ハイラム・ケラー)に心を奪われたアリスは、彼に接近を試み るが、中々相手にしてもらえない。実はジムには恋人がいたことが分かり、アリスはショックを受ける。彼との淫らな妄想にふける日々を過ごすが、ついに彼を 誘うことに成功。しかし夜に家まで迎えにきたジムを、アリスの父親は誤って射殺してしまうのであった。

    Source : movie.walkerplus.com

    俳優 (7)

    映画製作・配給会社 (2)

    製作代表 :

    CB Films

    Film exports/foreign sales :

    Pyramide International

    興行成績:総合

    興行成績:タイムライン

    International releases (8)

    映画配給会社バイヤー劇場公開日

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    Subject

    Alice (Charlotte Alexandre) returns home to the country for summer vacation. She’s a teenage girl, a real one, simultaneously soft and hard, with a languid lack of finish. Caught between a frustrated mother and libidinous father, she allows summer boredom to penetrate her. She fantasizes, becoming obsessed with the body, with organs, guts, blood and sperm and even the red ink of her diary. And sex, a man’s sex – that object of inevitable desire and unspeakable terror. One of her father’s laborers (played by Hiram Keller, from Fellini’s Satyricon) crystallizes her desire – she smiles as he puts a live earthworm up her vagina, she crawls for him with a feather in her derriere like a submissive chicken. Breillat shrank from nothing. Rarely has “what teen girls dream of” been shown so close up, with such brutal accuracy. It goes far, venturing into slimy, innocent obscenity. The dialogue is often inaudible, drowned out by noise. But however imperfect, Alice’s voyage to the non-wonderland of lustful adults is worth the trip. Less developed, sophisticated and clever than “Romance,” this film is a dated, ill-bred object, yet is ultimately rather affecting. The most startling thing is that, in what is now a rare decision, it has been restricted to viewers aged 16 or over. Which is all to its honor.

    Danièle Heymann, “Marianne,” June 12, 2000

    クレジットタイトル詳細 (12)

    製作代表 :

    André Genoves

    Screenwriter :

    Catherine Breillat

    Sound recordists :

    Bernard Mangière, Guy Chichignoud

    撮影技師 :

    Maurice Giraud

    Editor :

    Annie Charrier

    作曲家 :

    Mort Shuman

    原作者 :

    Catherine Breillat

    フォトディレクター :

    Pierre Fattori

    撮影技師アシスタント :

    Jean-Claude Couty, Patrick Godaert

    製作部長 :

    Pierre-Richard Muller

    Production Designer :

    Catherine Breillat

    演出助手 :

    Jean Guillaume

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    フィクション

    サブジャンル :

    人生ドラマ

    テーマ :

    エロチシズム, 思春期

    言語 :

    フランス語

    その他の国の共同制作者 :

    フランス

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    100%フランス (フランス)

    製作年 :

    1975

    フランス公開 :

    07/06/2000

    上映時間 :

    1 時間 33 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    45098

    ビザ発行日 :

    22/05/2000

    CNC助成 :

    はい

    生産のフォーマット :

    35ミリ

    カラータイプ :

    カラー

    画面セット :

    1.66

    Audio format :

    モノラル

    Posters (1)

    Director

    映画祭でのセレクション (4)

    テッサロニキ 国際映画祭 - 2000

    テッサロニキ 国際映画祭 (ギリシャ, 2000)

    Selection

    新たな展望部門

    Montreal Festival of New Cinema - 2000

    Montreal Festival of New Cinema (カナダ, 2000)

    Selection

    非競争的部門

    TIFF - 2000

    TIFF (カナダ, 2000)

    Selection

    Contemporary World Cinema

    代表団