このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
The Day When Raïner's Son Drowned

The Day When Raïner's Son Drowned

A 短編映画 by Aurélien Vernhes-Lermusiaux

Produced by Le Fresnoy - Studio National des Arts Contemporains

製作年 : 2011

あらすじ

The night falls slowly... Inhabitants of a village have found the body of the youngest son of Raïner flooded in a river. In front of the family house, through a window, the villagers observe Raïner peacefully installed in the lounge with the rest of his family. Who can announce to them the terrible piece of news?

俳優 (3)

映画製作・配給会社

Photos (3)

クレジットタイトル詳細 (7)

シナリオライター :

Aurélien Vernhes-Lermusiaux

録音技師 :

Matthieu Perrot

音声編集担当 :

Jocelyn Robert

Sound mixers :

Julien Roig, Vincent Verdoux

フォトディレクター :

Julien Poupard

Production manager :

Guylaine Huet

特殊効果 :

Vadim Bernard

技術面詳細

短編映画

ジャンル :

フィクション

サブジャンル :

心理ドラマ

テーマ :

彷徨, 死

言語 :

フランス語

その他の国の共同制作者 :

フランス

Original French-language productions :

不明

製作国 :

100%フランス (フランス)

製作年 :

2011

上映時間 :

15 分

生産のフォーマット :

HDシネマスコープ

カラータイプ :

カラー&白黒

画面セット :

2.35

Audio format :

ステレオ

禁止 :

なし