このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
Part du feu

Part du feu

A 長編映画 by Emmanuel Roy

Produced by Atopic, Ad Libitum

Release in France : 13/11/2013

    あらすじ

    "The part of fire is what we sacrifice in order to save an essential element. Asbestos protected almost everything, for less cost and maximum profit. It was essential.
    The part of fire is the echo of my father's words, those of a teacher whose death was caused by a mesothelioma, asbestos-related cancer, workers' cancer. The part of fire is the worry that accompanies me since his death, which I've decided to confront today in contaminated landscapes, alongside those who share the same feelings, so that together we may change our fear into action."

    映画製作・配給会社 (2)

    製作代表 :

    Atopic, Ad Libitum

    フランス国内配給 :

    Shellac

    Photos (3)

    クレジットタイトル詳細 (10)

    製作代表 :

    Dominique Cabrera, Christophe Gougeon

    あてレコ :

    Franck Trillot

    録音技師 :

    Pierre Armand

    編集担当 :

    Gilles Volta

    データ作成者 :

    Ghislain Rio

    シナリオライター :

    Emmanuel Roy

    Directors of Photography :

    Emmanuel Roy, Jean-Christophe Beauvallet

    報道担当(映画) :

    Stanislas Baudry

    音声編集担当 :

    Pierre Armand

    サウンド・ミキサー :

    Sébastien Ariaux

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    ドキュメンタリー

    言語 :

    フランス語

    その他の国の共同制作者 :

    フランス

    Original French-language productions :

    はい

    製作国 :

    100%フランス (フランス)

    製作年 :

    2011

    フランス公開 :

    13/11/2013

    上映時間 :

    1 時間 28 分

    経過状況 :

    公開済み

    ニュメロ·デ Visa :

    129.634

    ビザ発行日 :

    23/10/2013

    CNC助成 :

    はい

    カラータイプ :

    カラー

    画面セット :

    1.85

    Audio format :

    ドルビー 5.1

    禁止 :

    なし