このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
It May be that Beauty has Strengthened our Resolve

It May be that Beauty has Strengthened our Resolve

A 長編映画 by Philippe Grandrieux

Produced by Epileptic

製作年 : 2011

    あらすじ

    Professor Nicole Brenez (Sorbonne) and acclaimed filmmaker Philippe Grandrieux (Sombre) have initiated a video series portraying great, heroic but little-known figures of political avant-garde film. The series, titled It May Be That Beauty has Strengthened Our Resolve, kicks off with Grandrieux’s essay on Japan’s militant artist, Masao Adachi. Australian premiere.

    映画製作・配給会社 (2)

    製作代表 :

    Epileptic

    フランス国内配給 :

    Epileptic

    興行成績:総合

    興行成績:タイムライン

    International releases

    映画配給会社バイヤー劇場公開日

    Show more

    Show less

    Sorry, your search returned no results.

    TV Broadcasts: Cumulative total

    TV broadcasts: details by country

    Photos (2)

    クレジットタイトル詳細 (8)

    製作代表 :

    Annick Lemonnier

    Sound recordists :

    Philippe Grandrieux, Charles Lamoureux

    編集担当 :

    Philippe Grandrieux

    撮影技師 :

    Philippe Grandrieux

    監督補佐 :

    Charles Lamoureux

    Production manager :

    Annick Lemonnier

    作曲家 :

    Ferdinand Grandrieux

    サウンド・ミキサー :

    Philippe Grandrieux

    技術面詳細

    長編映画

    ジャンル :

    ドキュメンタリー

    言語 :

    フランス語, 日本語

    その他の国の共同制作者 :

    フランス

    Original French-language productions :

    不明

    製作年 :

    2011

    フランス公開 :

    上映時間 :

    1 時間 14 分

    経過状況 :

    近日公開

    ニュメロ·デ Visa :

    131.392

    ビザ発行日 :

    26/12/2011

    CNC助成 :

    カラータイプ :

    カラー&白黒

    禁止 :

    なし