このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]
危険なプロット

危険なプロット

A 長編映画 by François Ozon

Produced by Mandarin Production (ex- Mandarin Cinéma)

Release in France : 10/10/2012

  • Contents

俳優 (13)

映画製作・配給会社 (4)

製作代表 :

Mandarin Production (ex- Mandarin Cinéma)

Film exports/foreign sales :

Wild Bunch

Co-productions :

France 2 Cinéma, Mars Films

フランス国内配給 :

Mars Films

興行成績:総合

興行成績:タイムライン

International releases (46)

映画配給会社バイヤー劇場公開日

Show more

Show less

Sorry, your search returned no results.

TV Broadcasts: Cumulative total

TV broadcasts: details by country

あらすじ

か つて作家を志したものの、今は高校の国語教師として働くジェルマン(ファブリス・ルキーニ)は、生徒たちの凡庸な作文にうんざりしながら添削する日々を過 ごしていた。ところが新学期を迎えたある日、1人の生徒が書いた作文に心を奪われる。それは、数学が苦手なクラスメイトに勉強を教えるため、彼の家を訪れ た週末の様子を記したものだった。その生徒の名はクロード(エルンスト・ウンハウワー)。ジェルマンは表現力豊かなその内容を高く評価するが、妻ジャンヌ (クリスティン・スコット・トーマス)は、友人のラファ(バスティアン・ウゲット)とその家族に対する皮肉たっぷりの尊大さや倫理を無視した内容を批判。 翌日、ジェルマンは内容が不適切で第三者が読んだら問題になるとクロードに忠告するが、返って来たのは“先生以外に誰も読まなければ問題ない。作文を学び たい”という答えだった。彼の才能を伸ばしたいと考えたジェルマンは、個人指導を提案。ジェルマンの指導を受けたクロードは、才能に磨きをかけ、ラファの 家を訪れては次々と“新作”を書き続けてゆく。それを日々、待ちわびるようになるジェルマン。ところがある日、クロードが“もう書けないかもしれない”と 言い出す。成績の上がらないラファを心配した両親が、家庭教師を雇うことを考えているというのだ。そうなれば、もうラファの家に通うことはできない。“次 のテストでラファに良い点を取らせ、成果を出さないと。”暗に数学の試験問題を要求するクロードに戸惑いながらも、ジェルマンは試験問題を渡してしまう。 その結果、ラファは好成績を収め、クロードは執筆を再開。だが、その内容は次第にエスカレート。ラファの母親(エマニュエル・セニエ)とのただならぬ関係 を匂わせるまでになってゆく。さすがに危機感を覚えたジェルマンは止めようとするが、クロードは“あなたが書けと言ったんだ。もう止められない”と言い放 つ……。

Videos

07/11/2013

危険なプロット

Trailer English Subs

Photos (8)

クレジットタイトル詳細 (18)

監督補佐 :

Hubert Barbin

Producers :

Éric Altmayer, Nicolas Altmayer

フォトディレクター :

Jérôme Alméras

音声アシスタント :

Vincent Gregorio

製作部長 :

Oury Milshtein

Editor :

Laure Gardette

装飾 :

Arnaud de Moleron

キャスティング :

Sarah Teper, Leila Fournier

サウンド・ミキサー :

Jean-Paul Hurier

原作者 :

Juan Mayorga

シナリオライター :

François Ozon

Sound recordist :

Brigitte Taillandier

撮影技師アシスタント :

Karine Arlot

報道担当(映画) :

André-Paul Ricci

音声編集担当 :

Benoît Gargonne

作曲家 :

Philippe Rombi

Costume designer :

Pascaline Chavanne

スチールマン :

Jean-Claude Moireau

技術面詳細

長編映画

ジャンル :

フィクション

サブジャンル :

スリラー

テーマ :

思春期

言語 :

フランス語

その他の国の共同制作者 :

フランス

Original French-language productions :

はい

製作国 :

100%フランス (フランス)

製作年 :

2011

フランス公開 :

10/10/2012

上映時間 :

1 時間 45 分

経過状況 :

公開済み

ニュメロ·デ Visa :

130.567

ビザ発行日 :

11/05/2012

CNC助成 :

はい

カラータイプ :

カラー

画面セット :

1.85

Audio format :

ドルビーSRD

禁止 :

なし

Posters (7)

監督

ニュース (21)

映画祭でのセレクション (24)

セザール賞(フランス映画) - 2013

セザール賞(フランス映画) (フランス, 2013)

Selection (6)

Best Film

Best Screen Adaptation : François Ozon

Best Original Music : Philippe Rombi

Best Director : François Ozon

Most Promising Actor : Ernst Umhauer

Best Actor : Fabrice Luchini

Tallinn - Black Nights Film Festival - 2012

Tallinn - Black Nights Film Festival (エストニア, 2012)

Selection

International Competition Eurasia

Press junket Australie & Nouvelle Zélande - 2012

Press junket Australie & Nouvelle Zélande (フランス, 2012)

Selection

FILMS @ PRESS JUNKET AUSTRALIA & NEW ZEALAND 2013

BFI London Film Festival - 2012

BFI London Film Festival (イギリス, 2012)

Selection

長編映画公式セレクション

Montreal Festival of New Cinema - 2012

Montreal Festival of New Cinema (カナダ, 2012)

Selection

Special Presentation

Namur International French-Language Film Festival - 2012

Namur International French-Language Film Festival (ベルギー, 2012)

Selection

公式コンペティション

San Sebastian International Film Festival - 2012

San Sebastian International Film Festival (スペイン, 2012)

Selection

公式コンペティション

TIFF - 2012

TIFF (カナダ, 2012)

Selection

特別上映

受賞 (4)

代表団 (12)

プレスキット (2)

Website