このサイトでは、利用者の関心により適合したコンテンツやサービスを提供できるよう、クッキー(Cookie)を使用しています。利用者が閲覧を継続することで、クッキーの使用に同意したものとみなします。

[さらに詳しく][OK]

ウディ・アレン会見

A 短編映画 by Jean-Luc Godard

Produced by JLG Films

製作年 : 1986

    あらすじ

    Meetin' WA is a 1986 short film by Jean-Luc Godard. In the film, he interviews his "old friend" Woody Allen. Throughout the film there are cuts in the interviews featuring photographs and film clips from Woody Allen's films. The two of them talk about movies, life, relationships to other directors and actors and Woody's past. The segments of the interview are separated by title cards, black cards and white type, a Woody Allen trademark. It runs for 26 minutes.

    Participants (2)

    映画製作・配給会社

    製作代表 :

    JLG Films

    Subject

    1985年の第38回カンヌ国際映画祭の期間中、イスラエルからハリウッドに進出して気を吐く映画プロデューサーメナヘム・ゴーランとランチをとったゴダールは、100万ドルで、作家のノーマン・メイラーをリア王に、ウディ・アレンを道化にしたシェークスピアの『リア王』の映画化を了承する。即座にレストランのナプキンにサインされ、契約は締結される。この時点で、トム・ラディが『ゴダールのリア王』(1987年)のプロデューサーとして雇われる。

    当時、アレンは翌1986年の第39回カンヌ国際映画祭で新作『ハンナとその姉妹』がプレミア上映されることが決まっており、ここ数年カンヌに行っていないことからナーヴァスになっていた。ラディがゴダールにサジェスチョンしたのは、『ゴダールのリア王』の製作開始を延期しているあいだに、アレンに対しゴダールが新作についてのインタビューをし、それを映画祭でサプライズ上映すること。このアイデアをゴダールも、アレンも、カンヌのディレクターのジル・ジャコブ(Gilles Jacob)も気に入り、映画祭サイドとスイスのテレビ局から製作資金を得た。このドキュメンタリーは、たんなるインタビューよりもクリエイティヴなものに仕上がった[1]。

    撮影のクリスチャン・シモンピエトリは写真家である。ピエール・バンジェリは、ゴダールのグルノーブル時代のテレビシリーズ『二人の子どもフランス漫遊記』(1977年 - 1978年)で撮影監督ウィリアム・リュプチャンスキーの助手につき、また、本作ののち、オムニバス映画『パリ・ストーリー Les Français vus par...』のゴダール篇『最後の言葉』(1988年)で撮影監督をつとめる。アネット・インスドルフは作品末尾では「ジャーナリスト」とクレジットされている。

    本作は、黒味画面に大文字で「MEETIN' WA」の白抜き文字で始まり、ゴダールの声が聞こえる。カメラが引くと、それがゴダールの背中であることがわかる。そこはニューヨークのアレンのオフィス。窓から外を見下ろす彼の背中に彼の顔のイラストがオーバーラップする。アレンもゴダールも好きなサイレント映画で多用されたアイリスで、インタビューが始まり、アレンが紹介される。インタビューの進行に従い、「NORMAL MAN(ノーマルな男)」、「STRUGGLE(闘争)」、「TITLE(題名)」、「HANNAH KARENINE(ハンナ・カレーニナ)」[2]、「FLASH GORDON(フラッシュ・ゴードン)」[3]、「THE ANXIETY OF THE MAN IN THE BOOTH(ブースの中の男の不安)」、「SUMMER IN NEW-YORK(ニューヨークの夏)」、「AUTUM CHILL(秋の凍え)」[4]、「THE BIG LEAP(大いなる跳躍)」[5]、「LUCKY I RAN INTO YOU(あなたにあえてわたしはラッキーだ)」といった文字がインサートされる。オーソン・ウェルズ、エリザベス・テーラー、後半からは『インテリア』(1978年)、『マンハッタン』(1979年)ほかアレンの数々のフィルムがインサートされる。

    この作品の発案者であるトム・ラディは、かつて「政治の時代」に踏み出したばかりのゴダールとD・A・ペネベイカーの共同監督作『ワン・アメリカン・ムービー』(1968年 - 1972年)に出演しており、1983年には、かつてゴダールにオムニバス映画『ベトナムから遠く離れて』(1967年)への参加を呼びかけたクリス・マルケル監督の『サン・ソレイユ』でマルケルの撮影助手をつとめた人物で、1987年には、かつてエリック・ロメールと「レ・フィルム・デュ・ローザンジュ」を共同設立したバルベ・シュレデールのハリウッドでの監督作『バーフライ』をメナハム・ゴーランの出資のもとプロデュースしている。ちなみに1985年、カンヌでの伝説の「ナプキン」をラディが最後に観たのは、ゴーランのオフィスでゴーランがナプキンに火を点けた瞬間だと言う。

    Source : Wikipedia

    クレジットタイトル詳細 (3)

    フォトディレクター :

    Pierre Binggeli

    Participants :

    Woody Allen, Jean-Luc Godard

    編集担当 :

    Jean-Luc Godard

    技術面詳細

    短編映画

    ジャンル :

    ドキュメンタリー

    テーマ :

    シネマ

    言語 :

    英語

    出身 :

    スイス, フランス

    Original French-language productions :

    不明

    製作国 :

    大部分フランス (スイス, フランス)

    製作年 :

    1986

    上映時間 :

    26 分

    カラータイプ :

    カラー

    Audio format :

    モノラル